佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 和食 道の駅 女神の里たてしな のんき亭(立科町) 2018/09/21 12:00 am

蓼科牛を味わえる新メニュー登場



 立科町の「道の駅 女神の里たてしな」にある蓼科農ん喜村の食事処。9月15日から新メニューが登場した。地元産の蓼科牛を使った「蓼科牛すき焼き御膳」(1350円)と、みそ味がやさしい「立科の母味 すいとん定食」(いなり寿司2個付き950円)。「蓼科牛は伊勢神宮に奉納された三銘柄牛の一つで、すきやき肉は柔らかく味が濃いので一番のおすすめです」と駅長の竹花信明さん。



 さわやかな酸味が女性に大好評の「りんごソフトクリーム」(400円)は「シナノスイート」「シナノゴールド」に「秋映」が新たに加わって、「りんご3兄弟」の食べ比べが楽しめる。



【電話番号】0267・51・4100
【住所】立科町大字茂田井2480
【営業時間】午前11時〜午後3時 *ソフトクリームは午後7時まで
【定休日】無し
【駐車場】68台




このエントリーの情報

食べる > 洋食 オレガノ食堂(佐久市) 2018/09/21 12:00 am

自家製トマトソースに自信!



 パスタやオムライスなどの洋食が、手頃な値段で楽しめる食堂。先月オープンした。「幅広い年齢の地元の方に、気軽に足を運んでもらえる店にしたい」とオーナーの小宮山孝行さん。体育会系で食べることが大好きなオーナーらしく、料理はみんな盛りがいい。



 お薦めは自家製のトマトソースを使ったオムライスやパスタ。トマトソースには店名でもあるハーブ・オレガノと香味野菜を、風味や甘味付けに使い、さっぱりと仕上げている。一部のランチメニューは、夜も注文可。夜はお酒とつまみもそろう。



【電話番号】0267・88・8399
【住所】佐久市猿久保873-10 アサマプラザハイツ1F
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後5時〜8時半 *どちらもラストオーダーの時間
【定休日】不定
【駐車場】共有で20台(黄色い枠内)




このエントリーの情報

食べる > 和食 清水屋 丼丸 佐久中央店(佐久市) 2018/09/14 12:00 am

海の幸の丼専門店

 8月下旬、佐久市役所近くにオープンした海鮮の丼専門店。東京の老舗すし店「ササフネ」が展開するFC店で、東信ではここが初。質の良いネタぞろいのメニューを、540円均一(大盛り、トッピングは除く)で提供している。リーズナブルさが好評だ。



 種類も豊富で、複数のネタが載ったものから一つのネタにしぼったものまで、グランドメニューは70種類を超える。迷ってしまいそうだが、そんな時、店長の清水一民さんがお薦めするのが、8種のネタの「うみ丸丼」と、ごはんが400gでネタも8種「満腹丼」だ。テークアウトが基本だが、イートインスペースもある。電話予約しておけば持ち帰りもスムーズ。



【電話番号】0267・77・7741
【住所】佐久市中込3538-2 キリュウビル1F
【営業時間】午前11時〜午後8時
【定休日】火曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ Sun Cafe(サン カフェ)(軽井沢町) 2018/09/07 12:00 am

料理も雰囲気もゴチソウ



 オープン3年目を迎えた木立の中の一軒家カフェ。川のせせらぎを聞きながら過ごす時間は、極上のひと時。朝食時から訪れるリピーターも多い。



 黒毛和牛の自家製ローストビーフ、無添加のソーセージやベーコンをはさんだサンドイッチ、ホットドッグが絶品。素材を吟味したワンプレートメニューの数々は地元野菜の新鮮サラダが添えられ、彩り豊かで味もボリュームも大満足。日替わりの手作りデザートも評判で、香り高いコーヒーは大きなカップでたっぷり味わえる。料理注文でドリンク200円オフのサービスあり。



【電話番号】0267・28・9052
【住所】軽井沢町追分1717-3
【営業時間】金・土・日曜日 午前7時半〜午後0時半ラストオーダー
【駐車場】10台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ CAFE VOICES(カフェ ボイシズ)(御代田町) 2018/09/07 12:00 am

非日常空間の大人カフェ



 7月下旬にオープンしたカフェ。店に入った瞬間、「100年前の南フランスの小さな町」が現れ、非日常の世界に引き込まれる。雰囲気のある「石の壁」や「階段」が、すべてモルタルの造形というからすごい。



 メニューは小さな鋳物のフライパン「スキレット」を使ったオーブン料理や、イタリアの「ベゼラ社」のマシーンで抽出するコーヒー、色鮮やかなドリンクとスイーツなど。

 ヨーロッパを中心としたアンティーク雑貨や、南仏・ニースの工房で手作りしている一点もののコーヒーの麻布バッグなども販売している。



【電話番号】0267・41・6396
【住所】御代田町馬瀬口1635-1
【営業時間】午前10時〜午後3時45分ラストオーダー
【定休日】火曜日
【駐車場】7台
*入店は基本的に10歳から




このエントリーの情報

食べる > 洋食 らしく ダイニングキッチン(軽井沢町) 2018/08/31 12:00 am

肩肘張らずに楽しむフレンチランチ



 先月オープン。昼はカジュアルなフレンチのコースを中心に提供。カフェタイムを経て、夜は多国籍料理のバル(洋風居酒屋)になる。「店名には、お客さまに自分爐蕕靴甓瓩瓦靴討發蕕い燭ぁ爾箸い思いを込めました」と木村健(たけし)店長。



 ランチはオードブル、スープ、メイン、デザートに飲み物とパンが付くコースで2160円〜。地域の旬の食材を使い、丁寧な仕事で目でも楽しめる一皿に仕上げている。

 夜は国内のクラフトビールの生ビール(864円)やワインで、気の利いた料理(432円〜)を楽しみたい。



【電話番号】0267・31・6367
【住所】軽井沢町追分655-1
【営業時間】午前11時半〜午後2時半、午後2時半〜4時(カフェタイム)、午後6〜10時 *すべてラストオーダーの時間
【定休日】水曜日
【駐車場】7台




このエントリーの情報

食べる > そば 手打ち処 ともせん(佐久市) 2018/08/31 12:00 am

一日一食、そばで健康に



 臼田の佐久病院本院近くにあり、店主の友野今朝治さんが手打ちそばとうどんを提供している。山菜と大根おろしの冷たい「浅間おろしそば」(900円)は、自慢の一品だ。



 「一日一食、健康のためにそばを食べてもらいたいので、飽きないように変化に富んだメニューも提供しています」と友野さん。天ざるセットにそばののり巻きが付いた「巻きそばセット」(1250円)、また新茶の時期に1日10食限定の「茶そば」(950円)、宴席メニューの「そばピザ」など、珍しいメニューもある。第1・3水曜日は「ざるそば・盛りそば腹いっぱい」に1000円で挑戦できる。



【電話番号】0267・82・0281
【住所】佐久市臼田中町258
【営業時間】午前11時〜午後2時、午後5〜9時(ラストオーダー)
【定休日】第2・4水曜日
【駐車場】6台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ ランチ&ブレッド カフェ tino(ティノ)(佐久市) 2018/08/24 12:00 am

牧場近くにカフェオープン!



 小諸市のカフェベーカリーパティオが先月、佐久市の家畜改良センター茨城牧場長野支場近くに移転リニューアルオープン。牧場で栽培されたライ麦で作る全粒パン、牧場のヤギのチーズを使ったサラダなど、牧場にちなんだメニューや、国産牛と玉ネギをじっくり煮込んだカレー、グラタンなどがお薦め。



 子どものお絵かき用ロングボードやキッズメニューは子どもに人気。「クロワッサンアイスパン」など夏の新作含め、パンは約30種。オーナーの渡邉喜恵子さんと娘の景(けい)さんが、カフェ時間を楽しくするおしゃれなメニューを提供している。



【電話番号】0267・78・5510
【住所】佐久市新子田1973-2 新栄ビル1F
【営業時間】午前8時半〜午後6時(ベーカリーは午前10時〜)※日曜は午後5時閉店(パンは売切れ次第終了)
【定休日】月曜日、第2火曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ カフェ&ギャラリー ミス アナベラ(軽井沢町) 2018/08/17 12:00 am

オープンから30年 変わらない心地良さ



 ゆっくりと時が流れるカフェギャラリー。長年大切に手を入れてきた庭が、四季折々の表情を見せる。

 オープンしてちょうど30年。当時は周辺に店がほとんどなかったという。ペットも入店OKなのは、開業当初からずっと変わっていない。



 「アナベラセット」(1080円)は、4種類から好きなケーキを選べ、コーヒーか紅茶付き。一番人気の「アップルパイ」は、サクサクの生地の中にリンゴがたっぷり。シナモンの風味とレモンの酸味が程よく効いている。

 アイルランドや北欧を中心に、ヨーロッパのクロスやバッグ、雑貨、日本の作家の帽子なども販売。長く使える猖槓瓩鬟札譽トしている。



【電話番号】0267・45・0056
【住所】軽井沢町長倉820
【営業時間】午前10時〜午後5時
【定休日】月曜・火曜日 *8月は火曜日のみ
【駐車場】4台




このエントリーの情報

その他 パン工房 麦香炉(むぎこうろ)(小諸市) 2018/08/17 12:00 am

定番から世界各地のパンまでそろうベーカリー



 「プレッツェル」(162円)や「バゲット」(270円)など世界各地のパンをはじめ、「メロンパン」(140円)、「カレーパン」(194円)などの定番品もリーズナブルにそろう。



 最近は子どもが1歳を迎えるお祝いに用意する「一升餅」ならぬ「一升パン」(1620円)も人気。表面の文字はチョコではなくコテで焼き付けて書くので、餅と違って本人が食べても安心だ。「軟らかいものからハード系までいろいろな種類のパンを焼いていますので、幅広い年代の方に来ていただきたいですね」とオーナーの水上浩二さん・聡美さん夫妻は話している。



【電話番号】0267・41・6946
【住所】小諸市御影新田2724-3
【営業時間】午前10時〜午後6時
【定休日】木曜日
【駐車場】5台




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 84 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.