佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 食べるのエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 洋食 香(こう)の木(軽井沢町) 2018/07/20 12:00 am

涼しげなカツラの木が目印



 昨年8月にオープンした洋食レストラン。通りから入った場所にあり、隠れ家の雰囲気が漂う。夏の軽井沢の喧騒(けんそう)を離れ、静かに食事を楽しめる。店名は、店の前にある大木・カツラの別名。



 メニューはパスタやカレー、ピザ、肉のソテーやフライなど。年配の人にも人気があるナポリタン(サラダ付きで800円)は、具材にハムやウィンナー、玉ネギ、ピーマンを使い、ケチャップで味を付ける、昔ながらのオーソドックスなスタイルだ。

 信州を感じさせる食材・キノコを主役にしたピザ(同1000円)とカレー(同800円)も用意している。

 ピザはもっちりした生地の上に、数種類のキノコをたっぷりトッピング。コリコリとした食感が、アクセントになっている。



【電話番号】0267・31・0919
【住所】軽井沢町長倉536-1
【営業時間】午前11時〜午後8時ラストオーダー
【定休日】水曜日
【駐車場】6台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ ドーナツカフェ mikko(ミッコ)(佐久穂町) 2018/06/29 12:00 am

素朴なフィンランドドーナツ



 ドーナツをメインとしたカフェが5月にオープン。店主の塚原諒さんと田中奈緒さんが、通りに新しい風を吹き込んだ。店名の「ミッコ」は、フィンランドでポピュラーな男性の名前という。



 オススメはカルダモン(スパイス)を生地に練り込んだフィンランドの定番ドーナツ「カルダモン」(240円)。県外出身の2人が、佐久穂の豊かな自然や教育が充実した土地柄に、北欧との共通点を感じたことが、販売のきっかけの一つになった。原料の町内産小麦粉の風味を生かすため、甘さは控えめ。もう一つ、と手が伸びる素朴な味わいだ。

 塚原さんは町内で小学校の開校を目指している「イエナプランスクール設立準備財団」の事務局の仕事もしていることから、店を地域の人と移住してくる人との交流の場にしたいとも考えている。



【電話番号】080・5048・8892
【住所】佐久穂町海瀬57-1
【営業時間】午前9時半〜午後5時 *ドーナツが売り切れ次第閉店
【定休日】月・火曜日
【駐車場】近くの町営駐車場を利用




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ Coffee House Shaker(コーヒーハウス シェーカー)(軽井沢町) 2018/06/22 12:00 am

森の静かなコーヒー屋さん



 森の中にたたずむ白壁の一軒家カフェ。オーナーの黒澤一進さんが丁寧に淹(い)れるコーヒー「シェーカーオリジナルブレンド」が評判だ。

 看板メニューは昨年から登場した「シェーカーバーガー」。チーズ、アボカドサルサなど7種のバーガーすべてに、軽井沢の人気パン屋「haluta」の特注バンズを使用し、ジューシーな肉と地元野菜をたっぷりサンドした大人気商品で、ドリンクとセットで1400円から。ホットサンド、スイーツ、軽井沢トーストもある。



 軽井沢の美しい自然にゆったりと包まれ、子連れやペット連れの客にも愛されている。



【電話番号】0267・45・8573
【住所】軽井沢町長倉3460-16
【営業時間】午前10時?午後6時
【定休日】水曜(火曜不定休、8月は無休)
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 トラットリア プリモ(軽井沢町) 2018/06/22 12:00 am

20周年記念のスペシャルピザ



 オープンから20年を迎えたイタリアン。離山通り沿いにあり、緑あふれる軽井沢ならではのロケーション。開放感あふれる店内で、カジュアルに食事が楽しめる。

 開店以来人気を集めてきたのが約20種類そろうピザ(1458円〜)。香ばしい香りが、食欲をそそる。生地はカリッ&しっとりもっちりの両方の食感が楽しめる。直径30僖汽ぅ困虜埜紊琉貔擇譴泙任いしく食べられるよう、熱々の鉄板に載せて客席に運んでいる。7月11日(水)までは20周年記念限定メニューとして、3種類のハーフ&ハーフピザが登場。1枚で二つの味を食べ比べできる。



 20周年記念イベントとして福引も実施している(7月11日まで)。*ホームページ(www.karuizawa.co.jp)から福引券をプリントアウトし、持参する



【電話番号】0267・42・1129
【住所】軽井沢町軽井沢330-8
【営業時間】午前11時半〜午後2時45分、午後5時〜9時15分 *どちらもラストオーダーの時間
【定休日】不定
【駐車場】17台




このエントリーの情報

食べる > 和食 国産牛内臓専門店 煮込み屋 やざわ(佐久市) 2018/06/15 12:00 am

牛もつ煮込みの専門店



 佐久平では珍しい牛もつ煮込みの専門店。店主の林博文さんは、もともと肉の卸業をやっていた。それだけに素材を見る目は厳しく、国産の良いものにこだわる。自慢の煮込みは3種類。「濃厚味噌(みそ)味」「濃厚塩味」「激辛醤油(しょうゆ)味」で各550円。林さんが牛の直腸、盲腸を丁寧に下処理。もつ本来のおいしさを味わってもらうため、ニンニクやショウガなどは控えめ。厚みがあって、とろとろの食感が特徴だ。「焼きもつ」(2種・各500円)、「牛もつ鍋セット」(要予約・1600円)もある。



 テークアウト、店内飲食どちらも可能。店内飲食は、牛もつ1種、ご飯、ナムル、みそ汁がセットになった「ご飯セット・並盛」が800円。

 店名の「やざわ」は、林さんが熱狂的な矢沢永吉ファンということに由来する。店内にはデビュー時からのLPレコードやCDが飾られている。そんな噂を聞きつけてか、“永ちゃん”ファンも訪れるという。



【電話番号】0267・77・7898
【住所】佐久市猿久保667-5 ナリタビル1F
【営業時間】午前11時半〜午後7時
【定休日】月曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 中華 創作中華料理 Nao's Kitchen(ナオズキッチン)(小諸市) 2018/06/01 12:00 am

小諸にオープンした創作中華料理店



 佐久市の中華料理店で長年腕を磨いてきた油井直道さんが、今年3月、住まいのある小諸市にオープン。6月末までの「オープン記念ランチ」では、手作りのゴマダレを使ったマイルドな風味のタンタンメンと半チャーハンがセットのBランチ(1026円)が人気。ほかにも酢豚がメインのAランチ(864円)や、豚肉とピーマンの細切り炒め、フカヒレ入り餃子やデザートが付くちょっとぜいたくなCランチ(1296円)も用意している。



 「ヒレカツ丼」(950円)もお薦め。オイスターソースとしょうゆをブレンドしたオリジナルの中華風ソースが、脂身まで甘くジューシーな信州米豚を引き立てている。近隣の畑から野菜を分けてもらうなど、安心安全な食材に気を配る油井さん。「地元を大事にし、地域の方に愛されるお店にしていきたい」と話している。



【電話番号】0267・28・9076
【住所】小諸市甲1639-12
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後5時半〜午後9時
【定休日】水曜日、月1回日曜日(不定)
【駐車場】12台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 古民家ギャラリーカフェ 麦(東御市) 2018/06/01 12:00 am

自慢のガーデンも見ごろ



 オーナーの橋本恵己(えみ)さんが、築約250年の旧母屋を活用し、旧北国街道海野宿に昨年8月にオープン。看板やタイル張りのカウンターなどカジュアルな要素が程よくミックスされ、魅力的な店舗に生まれ変わった。



 手作りの「フローズンフルーツバー」は、地元の旬の果物を使ったものを中心に8〜12種類(各350円)。見た目も楽しい。甘味料は使わずに素材の甘みを生かしている。注文を受けてから作る季節の生ジュース「グリーンスムージー」(小松菜、豆乳、バナナ、ハチミツ入り。400円)など、ヘルシーな自家製ドリンクもおすすめ。

 店内では橋本さんの木彫をはじめとした作品や、手作り仲間の作品を展示販売。橋本さんが愛情込めて世話しているガーデンも見学でき、今はバラが見ごろを迎えている。



【電話番号】090・3440・5690
【住所】東御市本海野1006
【営業時間】午前10時〜午後4時
【定休日】火・水曜日・第4日曜日 *第4日曜日は、夏季は営業することも。12月〜2月は休業
【駐車場】4台




このエントリーの情報

食べる > ラーメン らーめん食事処 ひまわり(佐久市) 2018/05/25 12:00 am

ラーメンを中心に多彩なメニュー



 ラーメンは、しょうゆ、みそ、豚骨など20種類以上。魚介と鶏・豚のダブルスープの「中華そば」(648円)は、シンプルだが飽きのこない味で「毎日でも食べたくなるラーメンを目指しました」と店主の荒井定夫さん。春から佐久市のご当地グルメ「安養寺ら〜めん」の販売を始めた。市内の酒蔵の酒粕、凍み豆腐、たっぷりの野菜を使った佐久らしい一杯に仕上がった。



 ランチはラーメンに一品加えたセットメニュー(972円〜)が好評。チャーハン、焼豚丼、しょうが焼きなど8種類から選べるが、中でも荒井さんのおすすめは、ジューシーな唐揚げとライスが付く「唐揚げセット」(972円)。

 「手作り餃子」(270円)、「特製とりチャーシュー」(410円)、やきとり類など、酒のつまみも豊富にそろう。個室や広間もあるので、各種宴会にも利用できる。



【電話番号】0267・77・7556
【住所】佐久市新子田1964-1
【営業時間】午前11時半〜午後2時半、午後5時〜9時半(ラストオーダー)
【定休日】月曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 いろ だいどころや(軽井沢町) 2018/05/25 12:00 am

好きな総菜 選ぶ楽しさ



 季節を感じさせる色とりどりの総菜が、カウンターにずらり。食材は地元の野菜や産地直送の魚など、新鮮なものばかり。研究熱心な女性スタッフが作る料理は、煮物や揚げ物、サラダ、山菜料理など多彩で、味付けも和洋中とバラエティーに富んでいる。清潔感あふれる店内で、「だいどころや」の名の通り、肩肘張らずに食事ができる。



 お昼のお薦めは「おばんざい定食」(980円)。好きな総菜を3品選べ、さらに小鉢、漬物、ご飯、みそ汁が付き、ご飯はお替わり自由。夜はつまみにいい一品料理がそろう。おいしいお酒と一緒にゆっくり味わいたい。締めには焼き魚(700円〜)とだし茶漬け(500円)のセットはいかが。  

*価格は季節により変動あり



【電話番号】0267・31・6823
【住所】軽井沢町軽井沢東7-9 1階
【営業時間】午前11時45分〜午後1時半、午後5時〜9時半 *どちらもラストオーダーの時間
【定休日】水曜日
【駐車場】無し




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 軽井沢 VERANDA(ベランダ)(軽井沢町) 2018/05/18 12:00 am

暮らすように過ごすカフェ



 季節の花やヨーロッパのビンテージ品を飾った店内は、別荘のリビングのようにリラックスできる雰囲気。「軽井沢らしい時間、暮らしを楽しむカフェ」をコンセプトに、昨年12月オープンした。週に1度、シンガーの立原綾乃さんの音楽会が無料で開かれるほか、随時ギャラリーの展示やワークショップなどもあり、さまざまな交流が生まれる文化的サロンの魅力も備えている。



 店内から見えるキッチンでは、スタッフが一品一品手間を掛けて丁寧に調理。添加物を使わずに、素材の味わいを引き出している。本場イタリア仕込みの焼きたてのラザニアをはじめ、食材のおいしさが溶け込んだ温かなスープ、注文が入ってから作り始めるワッフル、濃厚な味わいのガトーショコラなど、自慢のメニューがそろう。



【電話番号】0267・41・1201
【住所】軽井沢町軽井沢601-1 チャーチストリート軽井沢1階
【営業時間】ブレックファスト:午前8時〜午前10時半、ランチ:午前10時半〜午後3時、カフェ:午後3時〜4時半(飲み物は5時)*すべてラストオーダーの時間
【定休日】無し
【駐車場】チャーチストリート専用駐車場を利用(3時間無料チケットあり)




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 47 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.