佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 食べるのエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる うどん天国 麺天  東御市 2019/09/19 12:00 am

本場の讃岐うどんを



 
 9月1日、本格的な讃岐うどんが味わえる「うどん天国 麺天」が、東御市和(かのう)の浅間サンライン沿いにオープンした。「かけうどん」が280円(税込)と、どのメニューもリーズナブル。同店は、塩沢産業の塩沢義國会長が香川県高松市を訪れた際、当地では知らない人はいないという「さぬき麺業」のうどんを食べて感激、ぜひ長野県にも本場の讃岐うどんを広めたいという思いで実現した。



 開店にあたっては、同社の山口英俊社長はじめ、スタッフが「さぬき麺業」へ出向き、約2カ月間修業の日々を過ごしたという。「『信州といえばそば』というのが一般的なイメージですが、信州に新たなうどん文化をつくっていきたい」と料理長の志摩昌秋さん。




【電話番号】0268・71・6311
【住所】東御市和3628-6
【営業時間】午前11時〜午後8時
【定休日】なし
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる Omelet Rice(オムレツライス)  佐久市 2019/09/19 12:00 am

タイの家庭料理を親しみやすく



 タイ出身のオーナー・本間スターシニーさんが腕を振るうタイの家庭料理の店。本間さんは、辛みや味付けを日本人向けにアレンジ。「辛みなどの希望を言ってもらえば、できる限り対応します」と話す。
 鶏のひき肉や野菜を炒め、ご飯に載せた「ガパオライス」は、タイでポピュラーなハーブ「ガパオ」入りの自家製ソースが味の決め手。ピリ辛の味わいが後を引く。鶏肉は店で粗びきにしており、食感と味がいい。エビのうま味が詰まった「エビカツ」もお薦め。



 テークアウトで利用する人が多いが、他店と共有のイートインスペースもある。出来たてを提供しているので、注文が多いときは予約をするとスムーズ。3個以上の注文で、場所によっては配達もしている(要問い合わせ)。




【電話番号】0267・67・7001
【住所】佐久市岩村田741 つどいの館 こてさんね内
【営業時間】午前11時〜午後9時
【定休日】日曜日
【駐車場】共有であり




このエントリーの情報

食べる お好み焼き 大和  佐久市 2019/09/12 12:00 am

お好み焼きからもんじゃまで



 佐久市岩村田のお好み焼きの専門店「大和」。仲間や家族で和気あいあいと、作りながら楽しめるのがお好み焼きの魅力だ。
 同店のお好み焼きは、だしからこだわった生地に、おいしさの理由がある。定番の「ブ〜ブ〜君のDONDON(豚玉)」(842円)や、エビ、タコ、イカ、豚肉と具材がいろいろ入り、海産物のだしが出る「大和・天玉」(1296円)が人気のメニュー。



 この辺りでは珍しい「もんじゃ」(626円〜)も人気。作り方や食べごろが分からなくても、店のスタッフが丁寧に教えてくれるので安心だ。肉、魚介類、野菜など鉄板焼きも楽しめる。



【電話番号】0267・67・4546
【住所】佐久市岩村田3634-10
【営業時間】午後5時〜10時半
【定休日】木曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 古本カフェ のらっぽ  (東御市) 2019/09/05 12:00 am

宿場でのんびり営業



 海野宿の古い街並みに溶け込む、古本販売と喫茶の店。築160年の建物を改装し、3年前から営業している。穏やかな響きの店名「のらっぽ」は「怠け者」の意味。のんびり営業していることから、店主の奥村誠一さんが付けた。



 ずらっと並ぶ古本は約2500冊。「ジャンルは文芸や映画、美術工芸、絵本、山、自然など。広い意味でのアートです。店を開くことで、さまざまな出会いに恵まれました」と奥村さん。
 メニューは飲み物が中心でコーヒー、国産の紅茶など(各400円)。コーヒーはひきたての豆で一杯ずつハンドドリップしている。本の購入額に応じて飲み物の割り引きも。
 “こもる”のにぴったりの落ち着いた空間で、本の世界に浸ってみては。



【電話番号】090・4161・3200
【住所】東御市本海野1030 丸屋方
【営業時間】午前10時半〜午後4時半
【定休日】火曜・水曜日。12月〜2月下旬は冬季休業
【駐車場】無料の市営駐車場を利用




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ Café Lumi-des(カフェ ルミデス)  立科町 女神湖ゴーカート敷地内 2019/08/29 12:00 am

高原で手作りスイーツ



 昨年4月にオープン。店名はフランス語で「女神の光」を意味する「ルミエール ドゥ ラ デエス」に由来。女神湖の近くにある立地にちなみ、店主の浜野みゆきさんが付けた。



 メニューは自家製スイーツと飲み物が中心。スイーツは濃厚な味わいの「ショコラ・テリーヌ」(500円)や「ベイクドチーズケーキ」(同)をはじめ5〜7種類を提供している。飲み物は、原産国と公正な価格で取引する「フェアトレード」のオーガニック豆で入れるコーヒー(500円)や、カフェインレスコーヒーのカフェオレ(550円)、自家製ジンジャーエール(500円)など。
 店内では町内の女性たち手作りの雑貨も販売。浜野さんはボールペン画のワークショップも開いている(要予約)。




【電話番号】0267・55・6603
【住所】立科町女神湖通り1016-1 女神湖ゴーカート内
【営業時間】午前9時〜午後5時ラストオーダー
【定休日】木曜日 *冬季休業あり
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる PARADA RISORT BBQ(パラダ リゾート バーベキュー)  佐久市 2019/08/22 12:00 am

手ぶらでバーベキュー



 先月、佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」内に、バーベキュー施設がオープンした。肉などの食材は、各自の持ち込みが基本で、火おこしなど準備や後片付けは不要という気軽さが売りとなっている。



 利用料金は、施設使用料とソフトドリンク飲み放題付きで大人1836円、小学生は1188円。アルコール飲み放題の場合は2916円。食材は施設側で用意することも可能。特選バーベキューセットは1人4320円(2人以上)で受けている。
 利用時間は3時間とたっぷり。パラダは遊具などアトラクションも備えていることから「子どもを遊ばせながら、お父さんはのんびり飲めるのも魅力です」と営業部長の竹之隈昌樹さん。




【電話番号】0267・67・8100
【住所】佐久市下平尾2681
【営業時間】3部制(午前10時〜午後1時、正午〜午後3時、午後2時〜5時)※事前予約制で、予約はホームページから
【定休日】シーズン営業(10月27日まで無休)
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 Restaurant U  (レストラン ユウ)  佐久市 2019/08/15 12:00 am

素材を生かした華やかな一皿



 3月にオープンしたカジュアルフレンチレストラン。ランチは「パスタランチ」(1200円〜。それぞれサラダ、飲み物付き)と、メインの一皿を選べる「メインランチ」(1500円〜。サラダ、パンかバターライス、飲み物付き)を用意。ディナーは選べるメイン料理に軽い前菜、スープ、パン、デザートが付くセット(2500円〜)のほか、予約制のコースなどを提供している。



 シェフの岩崎史郎さんは、旬の食材を使い、素材の味を生かすヘルシーな調理を心掛ける。定番の魚料理「真鯛のポワレ ヴァンブランソース」は、真鯛の皮はパリッと白身はふわっとやわらかな食感。中骨から取っただしと白ワインなどを合わせたソースでいただく。シェフの実家の農園直送のハーブや食用花で飾り、季節を感じさせる華やかな一皿に仕上げている。




【電話番号】0267・88・7561
【住所】佐久市岩村田2329-1 なんだ館内
【営業時間】午前11時半〜午後1時半、午後6時〜9時 *どちらもラストオーダーの時間
【定休日】水曜日 *きょう15日から16日ランチまで休み
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる 食べ呑み屋 雲雀亭(ひばりてい)  小諸市 2019/07/25 12:00 am

ランチもやってる居酒屋オープン



 4月に小諸市和田にオープンした居酒屋。もつ煮、唐揚げ、焼き肉、エビフライなど、手作りにこだわる豊富なメニューや、焼酎好きの店主の篠原孝行さんがそろえる芋焼酎のラインアップも魅力だ。



 居酒屋とはいうもののランチも売り。「とりのからあげ」「和風ハンバーグ」「自家製ダレのやき肉」などを、熱々の鉄板で提供するボリュームたっぷりの定食が、700円台からある。「おっきなエビフライ定食」もここの一押し。プラス200円でデザートとドリンクが付くのもうれしい。
 「メニュー以外のものでも食べたいものがあればとりあえずリクエストしてみてください。用意できるかもしれないので」と篠原さん。




【電話番号】0267・41・0829
【住所】 小諸市和田865‐1
【営業時間】午前11時半〜午後2時・午後5時半〜10時半(ラストオーダー)
【定休日】 日曜(不定休あり)
【駐車場】 あり




このエントリーの情報

食べる くつかけステイ 中軽井沢  軽井沢町 2019/07/18 12:00 am

旅館の風情を感じる快適ステイ



 趣ある古民家の梁(はり)や柱をそのままに、現代風の快適空間にリノベーションして丸2年。宿泊は目的や人数に応じてデラックスルーム、ツイン、ダブル、男女別のドミトリーから選べ、大浴場も備える。海外からのゲストやウエディングの宿泊客、大学生グループや女子会など客層は幅広い。



 ダイニングでは腕利きの料理長が繊細かつ本格的な日本料理でおもてなし。コース料理やアラカルトメニューが味わえ「特別な仕入れでどこよりも早く届く新鮮な海の幸が自慢です」と広報マネジャーの相原翔さん。テラス席はペット同伴OK。貸し切りパーティーは40人まで対応できる(要予約)。




【電話番号】0267・46・8906
【住所】 軽井沢町長倉3294-1
【営業時間】モーニング午前8時〜9時半、ランチ午前11時半〜午後2時半、カフェ午後2時〜3時半、ディナー午後5時半〜9時(すべてラストオーダー)
【定休日】不定
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 喫茶 KOKO’s ふぁくとりー  佐久市 2019/07/18 12:00 am

紅茶とケーキで和みの時間



 岩村田商店街にある「つどいの館 こてさんね」内に、2月にオープンした紅茶とケーキの店。世界三大紅茶といわれるインドの「ダージリン」、スリランカの「ウバ」、中国の「キーマン」をはじめ、紅茶コーディネーターの資格を持つオーナー・有賀喜美江さんが薦める6〜10種類をポットで提供している(400円〜)。「紅茶に親しむきっかけにしてください」と有賀さん。



 紅茶に合う自家製ケーキは4〜6種類。地元産の旬の果物や野菜を使ったケーキが登場する。「人参とオレンジのケーキ」(300円)は、ニンジンが苦手な子どもにも食べてもらえるよう工夫した自信作。ランチタイム(午前11時〜午後3時)は、10食限定でキーマカレー(600円)を用意している。
 店内の一角では、かわいらしいハンドメードの猫雑貨も販売している。




【電話番号】080・6936・6212
【住所】 佐久市岩村田741 つどいの館 こてさんね内
【営業時間】午前10時〜午後5時半ラストオーダー
【定休日】 水・木曜日
【駐車場】 共有であり




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 54 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.