佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 食べるのエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 喫茶・カフェ コワーキング&カフェバー hammock(ハンモック)(東御市) 2018/04/20 12:00 am

人をつなぐ古民家カフェ



 「つなぐ。かふぇ」をコンセプトに、築130年余りの古民家をリノベーションして、昨年3月にオープン。連続する瓦屋根と格子が美しい海野宿の町並みに、新しい風を吹き込んでいる。

 入ってすぐがカフェバー、奥がコワーキングスペース。空間を利用してさまざまなイベントも企画しており、フロアマネジャーの奥田有哉さんは「人と人がつながる場にしたい」と話す。



 ランチは週替わりのメニュー(900円)を用意。取材時のランチ「hammockカレー」は、カレー粉とスパイスで手作りしたチキンカレー。あめ色になるまで炒めたタマネギと、野菜のペーストが味に深みを出している。具だくさんのスープとカラフルなサラダが付く。

 御代田町の「サンガコーヒー」の豆を使ったコーヒー(420円)や、フレンチトースト(650円)も好評だ。



【電話番号】0268・71・6117
【住所】東御市本海野1052
【営業時間】午前10時〜午後5時 *夜は予約制
【定休日】不定 *9月以降は火曜日
【駐車場】周辺の市営駐車場(無料)を利用




このエントリーの情報

食べる > 和食 大戸屋 佐久平店(佐久市) 2018/04/13 12:00 am

手作りの定食で「食卓ごはん」



 「ちゃんとごはん」をコンセプトに一汁三菜の定食スタイルを基本とする和食のチェーン店。すべて店内で調理し、化学調味料や添加物などは一切使わず、安心、安全な料理を提供するのがうりだ。



 大戸屋を代表する人気メニューといえば「鶏と野菜の黒酢あん定食」(861円)。素揚げしたジャガイモ、タマネギなどの野菜と鶏の竜田揚げを、特製の黒酢あんでからめ、ご飯が進む。一日に必要な野菜350弔8割をこのメニューで摂取できるという。60年前の創業時からあるという「チキンかあさん煮定食」(859円)も安定した人気を誇る。

 季節感を大事にしており、グランドメニューのほかに季節限定のメニューが加わる。5月下旬まで販売する長崎県枕崎産のカツオを使った「一本釣り鰹丼と潮彩うどん」(898円)がおすすめ。



【電話番号】0267・67・4024
【住所】佐久市岩村田住吉町3589
【営業時間】午前11時〜午後10時半ラストオーダー
【定休日】無し
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 レストラン ソネット(軽井沢町) 2018/04/13 12:00 am

四季折々の「旬菜パスタ」



 地域の旬の食材をアレンジした季節感あふれるパスタが人気。国の登録有形文化財の洋館「明治四十四年館」で営業しており、ゆったりと食事が楽しめる。軽井沢タリアセンエリアにあるが、同エリアに入園しなくても利用できる。

 メニューは年に5回変わり、季節ごとにモモや栗などの珍しいパスタも登場する。



 春のオススメは、坂城町産のホワイトアスパラガス「銀河の貴婦人」を使ったカルボナーラ風(半熟卵添え 980円)や、「ふきのとうと春きゃべつのパスタ」(980円)、信州みそ風味の「竹の子と長ねぎのパスタ 田舎風」(980円)など。ランチタイムは好きなパスタにスープとサラダが付いて1300円とお得。

 デザートのリンゴのケーキ(単品650円、飲み物とセットで780円)も、リピーターが多い人気メニューだ。



【電話番号】0267・45・3662
【住所】軽井沢町長倉217
【営業時間】午前9時〜午後4時半(ランチは午前11時〜午後2時半)*どちらもラストオーダーの時間
【定休日】11月までは無し(冬季はあり)
【駐車場】あり(夏季は有料)




このエントリーの情報

食べる > 焼肉・韓国料理 食道園(佐久市) 2018/04/06 12:00 am

レトロな空間の老舗焼き肉店



 創業53年目を迎える老舗の焼き肉店。店主の山口徹さんが、昨年他界した先代の味を引き継ぐ。蓼科牛の「上カルビ」(1250円)や、「特上ロース」(1500円)など、秘伝のみそダレでいただくのが“食道園流”。単品のほか、特上ロース、上カルビなどの「デラックスセット」(5600円)や、「ファミリーセット」(3400円)といったセットでオーダーするのもいい。



 ランチタイムの週替わりワンコインランチや、平日ランチタイムの「カルビ定食」(950円)、「ホルモン定食」(650円)といったリーズナブルなサービスメニューが好評だ。レトロな店内も店の“味”になっていて、この雰囲気を求めて通うファンも多い。

 焼き肉と並んで人気なのがラーメン類。辛みと軟らかカルビがくせになる「カルビラーメン」(750円)、野菜たっぷりの「チャンポン」(600円)、「焼肉ラーメン」(750円)など種類も豊富。



【電話番号】0267・62・0951
【住所】佐久市中込3088-1
【営業時間】午前11時半〜午後2時ラストオーダー、午後5時〜9時半ラストオーダー
【定休日】月曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 緑友食堂&Space(軽井沢町) 2018/04/06 12:00 am

手間暇かけた雑穀料理



 木々に囲まれた、店名通りのロケーション。築140年のどっしりとしたたたずまいの古民家で、多彩な雑穀料理がいただける。

 オーナーの長谷川恵美さんは、家族が体調を崩したことを機に日常の食事を見直し、雑穀料理に出合った。肉や魚、乳製品などの動物性食材と砂糖を使わずに、雑穀と旬の野菜、厳選した調味料、そして工夫と手間暇で、食べ応えのある食事を提供している。一番人気は彩りも美しい「春の雑穀プレート」(1600円。スープ、フリードリンク、ミニデザート付き)。



 かむほどに味わいが増す、国産小麦と自家製酵母や天然酵母で焼くパンも人気。パンにも乳製品や砂糖は使っていない。
 建物内には織り物・フェルト作家でもある長谷川さんの工房もある。広いスペースを利用し、織り物などのものづくりのワークショップも開いている。



【電話番号】0267・41・0682
【住所】軽井沢町長倉727-4
【営業時間】午前11時〜午後3時ラストオーダー。*5〜9月は午前9時開店
【定休日】火曜日と1〜2月
【駐車場】15台




このエントリーの情報

食べる > 和食 味旬 花菜(はな)(佐久市) 2018/03/30 12:00 am

創作和食をゆったり個室で



 間もなく2周年を迎える創作和食のお店。店主の土屋昌彦さんが、その日の入荷によって変わる食材を、一番おいしい食べ方で提供してくれる。そのため、グランドメニューはあるものの、“おまかせ”のコースを頼む客が多い。夜のおまかせコースは4000円〜。



 おすすめは「京都の西京みそを使用し、肉や魚を漬け込み炭火で焼いた焼き物」と店主の土屋さん。肉、魚など素材の良さを引き出しながら、炭の香りが食欲をそそる。

 ランチの人気は「花菜御膳」(2000円)と「夕映(ゆうばえ)御膳」(3000円)。夜は「花菜御膳」(3000円)、「夕映御膳」(4000円)で食事を楽しむことができる。入荷状況によって内容が変わるので、その都度いろいろな味が楽しめるのも魅力。個室タイプが主なので、祝い事や法事などの利用にも便利。予約があれば日曜日でも対応してくれる。



【電話番号】0267・67・5587
【住所】佐久市上平尾638-1
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後6時〜10時 ※どちらもラストオーダーの時間
【定休日】日曜日、祝日。GW中の休みは4/30、5/5・6
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 ヴィーナスコート佐久平(佐久市) 2018/03/30 12:00 am

地域の食材で華やかフレンチ



 スタイリッシュな「ゲストハウスウエディング」が好評の結婚式場。施設内のレストランで一般客向けに、平日限定のフレンチのランチコース「おいしい信州ふーど(風土)らんち」(1800円。各日20食限定、前日までに要予約)を提供している。ウエディング会場ならではの華やかな雰囲気の中で食事が楽しめる。



 メニューは月替わり。県が認定している「おいしい信州ふーど(風土)」ブランドの食材や、地域の旬の食材を使った季節感あふれる内容となっており、目でも舌でも楽しめる。コースは食前酢から始まり前菜、主菜、デザートにパンと飲み物が付き、主菜は肉か魚のどちらかを選ぶ(両方の場合はプラス1000円)。

 野菜をたっぷり使った華やかな料理は、女性を中心に口コミでファンが増えている。



※予約制
【電話番号】0267・67・6000
【住所】佐久市長土呂1169-7
【営業時間】ランチタイムは午前11時半〜午後2時ラストオーダー *提供は月・水・木・金曜日。結婚式で休みの時もあり。土・日曜日は要問い合わせ
【定休日】火曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 鮮(御代田町) 2018/03/23 12:00 am

カジュアルに楽しめるすし店

 すしを中心とした海鮮料理のお店。本格的なすしを気取らずにカジュアルな雰囲気の中で楽しめる。

 店主の今井保雄さんは、この道35年のベテランすし職人。お好みずしは1貫から、好きなものを選んで注文できる。お薦めは「鮮にぎりづくし(上)」(2400円)。巻物などは入れず、にぎりだけにこだわった一品で、中トロ、ウニ、イクラ、カンパチ、タイなど10貫。丼や定食など、食事メニューも豊富にそろう。



 ランチは、皿をはみ出すほど大きなエビフライが2尾載った「大えびフライ定食」(1200円)や、「大えび天丼」(1100円)が人気。「大えび天丼」は、大きなエビ2尾と野菜天ぷらが丼を埋め尽くすボリューム。濃い目のたれと、ごはん、天ぷらとの相性が良く、“くせになる味”とファンも多い。
 個室もあるので、ファミリーや小人数の宴会などにも利用しやすい。



【電話番号】0267・31・2080
【住所】御代田町旭町1808-18
【営業時間】午前11時半〜午後2時半、午後5時〜10時(ラストオーダー)
【定休日】水曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 居酒屋 酒場8(エイト)(軽井沢町) 2018/03/23 12:00 am

大人が楽しめる店



 はす向かいにある炭火焼き鳥店「bird」の姉妹店として、昨年11月にオープン。店内はまさに「大人の酒場」のコンセプト通りのスタイリッシュで落ち着ける空間だ。



ぜそば」(864円)など、気の利いた料理が並ぶ。普段使いを想定した価格もうれしい。

 「スタンダードなメニューをしっかり丁寧に調理することを心掛けています」とオーナーの穴澤健太郎さん。

 締めには、注文が入ってから炊く土鍋ご飯(1合561円)がオススメ。契約農家から仕入れた、精米したての米を使う。輝きと香り、味わいの良さは格別だ。



【電話番号】0267・46・5156
【住所】軽井沢町長倉2988-2 1F
【営業時間】午後5時〜11時ラストオーダー
【定休日】日曜日と、月に一日不定(連休)
【駐車場】5台(バードと兼用)




このエントリーの情報

食べる > 和食 食材工房 光志亭(こうしてい)(佐久市) 2018/03/16 12:00 am

地元食材に愛を込めて



 ラーメン、丼、定食ものがそろう“まちの定食屋”。地元愛の強い店主の井出光成さんは、肉や米、野菜など地元食材を使ったメニューを心掛けている。

 常連客の人気は、佐久市のご当地グルメ「安養寺ら?めん」(800円)。鶏白湯(パイタン)と豚骨のダブルスープで、甘みのある食べやすいみそラーメンに仕上げている。井出さんは、安養寺みそからしょうゆだれを作り、「安養寺ら〜めん醤油味」(750円)をメニューに加えている。市内13店ある安養寺ら〜めん提供店の中で、唯一、安養寺ら〜めんのしょうゆ味が楽しめる。



 ほかにも信州牛と信州豚を使った煮込みハンバーグ定食」(1200円)や安養寺みそダレを使った「みそかつ丼」(980円)といった食事ものから酒のつまみまで充実し、幅広い層に対応したメニューが並ぶ。座敷があり、宴会にも対応。宴会料理は2500円〜。飲み放題は2000円(2時間)。



【電話番号】0267・78・5415
【住所】佐久市協和2395-1
【営業時間】午前11時〜午後2時半(ラストオーダー2時)、午後5時〜10時(同9時)
【定休日】月曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 49 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.