佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 洋食のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 洋食 自家製ソーセージ ハム男(東御市) 2017/02/17 12:00 am

ふらっと寄れるデリ&バル



 昨年10月にオープン。常連から「ハム男さん」の愛称で親しまれているオーナー・松本大さん。フレンチの料理人として経験を積み、自分の得意分野を開拓する中で、ソーセージやハムなど食肉加工の世界に魅せられた。



 ソーセージは、オーソドックスな県内産の豚肉100%の「プレーン」(100405円)や「マトン」(同432円)など、多彩な味わいがそろう。ハムは鶏のもも肉や胸肉、豚のロース肉や肩ロース肉など6種類(100356円?745円)。製法はシンプルに徹し、いずれも塩分は控えめ。肉のうま味を引き出すハーブやスパイス使いに、料理人のセンスが生きている。「どなたにもおいしく食べてほしい」と、乳製品や卵、小麦粉を使わない商品を多くそろえている。

 地元野菜を使った気の利いたデリ(総菜)も販売。商品はテークアウトができるほか、店内のバルで地元のワインと一緒に楽しめる。カレー(1080円)やリゾット(同)など、バル用のフードメニューも好評だ。



【電話番号】0268・55・9371
【住所】東御市田中190-1
【営業時間】午後6時〜10時半(ラストオーダー)
【定休日】不定(週に1日程度)
【駐車場】商店街無料駐車場を利用




このエントリーの情報

食べる > 洋食 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ(軽井沢町) 2016/12/02 12:00 am

スイーツで届ける、感動のおもてなし



 軽井沢の森の中にたたずみ、冬は幻想的なキャンドルの明かりに包まれるホテルブレストンコート。ホテル内の「ザ・ラウンジ」では、旬の素材で作る極上スイーツに、軽井沢の自然を映し出すサプライズ演出を添えておもてなし。訪れる人に笑顔と感動を与えている。「この場所この瞬間でしか味わうことのできないスイーツで、幸せを感じてもらえたら」とシェフパティシエの厚東宣洋さん。



 パティシエのこだわりのスイーツを詰め込んだ「クリスマスアフタヌーンティー」や、軽井沢の森を感じるクリスマスケーキ「ノエル・ヴェール、ルージュ、ブラン」の3種がそろうこの季節。きらめくイルミネーションに包まれてスイーツを味わう素敵な冬を。



【電話番号】0267・46・6200
【住所】軽井沢町星野 ホテルブレストンコート内
【営業時間】午前10時〜午後7時半ラストオーダー
※クリスマスケーキの予約は19日まで。引き渡しは22〜25日
【定休日】無し
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 SUBWAYイオンモール佐久平店(佐久市) 2016/11/25 12:00 am

はさむおいしさ、カスタマイズ♪



 ヘルシーなサンドイッチで女性に人気が高い「サブウェイ」。3年前にオープンし、佐久市内ではここだけ。長円形のパンに好きな具材と野菜をトッピングし、自分好みにカスタマイズできるのが最大の魅力だ。



 ぷりぷりのエビとアボカドの最強コンビ「えびアボカド」、ベーコンとソーセージにチーズが香る「BLT」などの人気商品に加え、チキンとトマトにチーズが絡む「イタリアンチキンメルト」や、ローストビーフ、ハム、チキンブレストをぜいたくに挟んだ「サブウェイクラブ」などが新登場。「どれにしようか考え始めるところから、お客さまのお好み通りの商品が出来上がるまでの過程が楽しく、触れ合いを大切にしています」と店長の轟康憲さん。おいしさをカスタマイズしてみては。



【電話番号】0267・73・0360
【住所】佐久市佐久平駅南11-10 イオンモール佐久平 2Fフードコート
【営業時間】午前9時〜午後9時半(ラストオーダー)
【定休日】無し
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 こもろ食堂(小諸市) 2016/11/18 12:00 am

サービス満点のランチ



 9月にオープン。店主の角田純子さんと、母親の土屋すみさんが、元気に店を切り盛りしている。地元で取れた野菜や、自家製の米・野菜をたっぷり使い、手ごろで親しみやすいメニューをそろえている。

 まずは一度お店に足を運んでほしいーと、ランチは540円の格安で提供。平日はメーンが肉料理、魚料理、麺の3種類(土曜日は1種類)あり、月ごとに曜日でメニューが決まっている。さらにおかわりOKの種類豊富な飲み物やサラダ、小鉢2品、デザートが付く。



 ほかにも市内産のジャガイモを使ったコロッケやポテトサラダ、しょうが焼き、刺し身、エビフライなど盛りだくさんな内容の「こもしょく定食」(1058円)をはじめとした定食や丼、麺類、一品料理がすらり。生ビール(中)も421円とリーズナブル。

 角田さんは、「『こもしょく』と呼ばれ、気軽に寄ってもらえる、地域の人に愛されるお店にしたい」と張り切っている。



【電話番号】0267・41・6114
【住所】小諸市相生町3-4-5 邦玉ビル2F
【営業時間】午前11時〜午後2時、午後5時〜8時半 *いずれもラストオーダー
【定休日】月曜の夜と日曜・祝日
【駐車場】1台




このエントリーの情報

食べる > 洋食 パスタとワインの店 暖(小諸市) 2016/10/14 12:00 am

旬を盛る、大人イタリアン



 2年前にオープン。オーナーシェフの金子博さんと妻の千絵さんの2人で切り盛りしている。夫妻が内装を手掛けた温かく落ち着いた雰囲気の店内で、ゆっくりワインと料理が楽しめる。



 春は自ら山で採った山菜、夏は自家菜園で育てた野菜、秋と冬は体を温める根菜ー。季節を盛り込んだ料理は、年配の常連にも好評だ。「自分たちが食べておいしいと思うものを、お客さまにお出ししたい」と、一つ一つ丁寧な仕事を積み重ね、お客をもてなしている。

 ランチは二つのコースを用意(1620円〜、2484円〜)。好きなパスタまたは「ピッツァ」を選べる。夜はコース(3240円〜)のほか、肉・魚料理やパスタなどのアラカルトも用意している。
*来店時は前日までに予約を。



【電話番号】0267・27・2820 *要予約(前日まで)
【住所】小諸市御影新田2270-1
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後5時半〜9時半(いずれもラストオーダー)
【定休日】火曜日と第2・4水曜日
【駐車場】6台




このエントリーの情報

食べる > 洋食 アンティーカ ピッツェリア ダ・ジンガラ(佐久市) 2016/09/16 12:00 am

祝・開店10周年! 店名も新たに

 佐久市の「ピッツェリア ジンガラ」が節目の10周年を迎え、「アンティーカ ピッツェリア ダ・ジンガラ」に店名を変更する。10月は毎週火曜日のディナータイムに、すべてのピザを半額にする記念イベントを実施する予定だ。



 地元出身の社長・井出孝夫さんが、「イタリア・ナポリの庶民の食べ物ピザを気軽に味わえる店を」と2006年にオープン。石窯でこんがりと焼いたモチモチのナポリピザを求め、今や連日県内外から多くのファンが訪れるほどの人気店に。現在、店では20代の若者3人が、ピザ職人として井出さんから指導を受けている。

 「『アンティーカ』とは、イタリア語で『古い、歴史のある』という意味。まだ店は10年目ですが、この味をしっかり新しい世代に伝え、次の20年30年につなげていきたいという願いを込め、新店名をつけました。これからもその名に恥じない仕事をしていきたい」と井出さんは話している。



【電話番号】0267・67・8770
【住所】佐久市上平尾691-4
【営業時間】午前11時半〜午後2時半、午後6時〜10時(いずれも
ラストオーダー)
【定休日】木曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 ナポリの食卓 佐久店(佐久市) 2016/07/08 12:00 am

さっぱり、涼しい、夏のドルチェ



 自家製生パスタや、食べ放題の窯焼きピザが根強い人気だが、夏季限定のドルチェにも注目。



 「果肉たっぷりマンゴーソースとヨーグルトムースのココット」は、手作りのヨーグルトムースに、マンゴージェラートと果肉をふんだんに使ったマンゴーソースをたっぷりと。程良い酸味が食後にぴったり。「クリーム巻きカフェゼリー」は、食感の良いホイップクリームをたっぷり添えて。「作り置きではないフレッシュな味を楽しんでください」と瀬下光店長。

 サラダ、お好みの料理、ピザ食べ放題、ドリンクバー、デザート付きの「パティシエ手作りおすすめのドルチェセット」は1564円。



【電話番号】0267・88・7655
【住所】佐久市岩村田1811-1
【営業時間】午前11時〜午後11時半
【定休日】無し
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 バイキングレストラン ラフェリア(ホテル アンビエント蓼科内)(立科町) 2016/07/01 12:00 am

目の前で調理「スタジアムキッチン」



 6月3日にリニューアルオープン。レストランは、木を多用した中に、グリーンをアクセントにしたリラックスできる空間。旬の食材を使った和・洋食、サラダ、デザートなど、計60種類以上が並ぶ。新設したスタジアムキッチンでは、炭火焼きやてんぷら、鉄板焼きなどを、お客の目の前で調理し、出来たてを提供している。



 営業はディナーのみで、予約が必要。90分食べ放題のバイキングに日帰り温泉入浴が付いて、中学生以上2980円〜、小学生2480円〜、4歳以上の未就学児1980円〜。11月までは、繁忙期を除きほぼ毎日営業する(*除外日は下記参照。12月以降は要確認)。飲み物も4種類の生ビールをはじめとしたアルコールからソフトドリンクまで、計50種類ほど(料金は料理と別途)。いける口なら、お得な飲み放題(2138円)がおすすめだ。



【電話番号】0267・55・7711
【住所】立科町芦田八ヶ野女神湖975
【営業時間】午後5時半〜8時最終受け付け
【除外日】7月16日、17日、8月6日〜21日、9月17日、18日、10月8日、9日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 洋食 BUCATI(ブカティー)洋食&カフェ(東御市) 2016/06/24 12:00 am

気分に合わせて、使い方いろいろ



 5月20日、県道「浅間サンライン」沿いにオープンしたばかり。海辺の小屋を思わせる、すっきりとした外観が目を引く。海とサーフィンを愛する、フレンドリーなオーナー・松優平さんがデザインした店内は、リゾート気分でリラックスできる空間。ボリュームのあるランチをはじめ、一杯一杯ハンドドリップでいれるコーヒーやスイーツなどのカフェメニュー(平日は午後5時〜、土日は2時〜)、ディナー(5時〜)はアルコール、アラカルト、洋食とそろえているので、気分に合わせて利用できる。



 看板メニューはナポリタン。店名の由来でもある太くて穴が空いたロングパスタ「ブカティーニ」を使い、食べ応えがある。「うちのメニューは、ボリュームがあります。がっつり食べて、おなかいっぱいになってもらえれば」と松さん。



【電話番号】0268・80・9123
【住所】東御市海善寺587-16
【営業時間】午前11時〜午後2時、午後5時〜8時(フード。ドリンクは8時半) *いずれもラストオーダー。金曜・土曜日の夜は1時間延長、土曜・日曜日は通しで営業
【定休日】月曜日、第3日曜日
【駐車場】4台




このエントリーの情報

食べる > 洋食 フレンチレストラン ル・カレ(佐久市) 2016/06/10 12:00 am

カウンターで楽しむ本格フレンチ



 夫婦ともにカナダとフランスで修業を積んだ大北正芳さんと綾さんが4月に開いたフレンチレストラン。訪れたらぜひ座ってほしいのはカウンター席。調理場がすべて見え、2人のシェフとの会話を楽しみながら、鮮やかに料理が仕上げられていく様子を、間近で見ることができる。



 メニューは、塊で仕入れる肉、正芳さんの出身地・広島から直送される魚介、地元の生産者から届く有機野菜などからの日替わり。すべて手作りにこだわっていて、パンは開店前の午前と午後、1日2回店で焼いている。

 ランチは前菜とメイン料理、パン、飲み物で1580円、デザート付きは1980円。人気の「牛ハツのステーキ マスタードソース」は、絶妙な焼き加減で仕上げられた牛ハツ独特の食感が楽しい、ボリュームのある一品。大北さん夫妻の料理には、「フレンチでおなかいっぱいになってもらいたい」との思いが込められている。



【電話番号】0267・77・7605
【住所】佐久市中込3030-2 グリーンポートさくらい2階
【営業時間】午前11時半~午後2時、午後5時半〜8時半(いずれもラストオーダー)
【定休日】日曜日、第3月曜日
【駐車場】共同駐車場あり




このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 13 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.