佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 和食のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 和食 金寿し(小諸市) 2018/01/02 12:00 am

王道から創作料理まで



 創業から65年を迎えるすし店。京都の料亭で修業した3代目の山浦正広さんと、父で、84歳の今も現役ですしを握る2代目、正二さんら家族で営むアットホームなお店だ。気持ちのこもった手作り料理が評判で、祝い事や法事、新年会などの宴席から、家族や友人同士の食事まで、幅広く利用されている。



 華やかな「万福にぎり」(2592円)や茶わん蒸し(480円)などの王道メニューに加え、創作料理も好評だ。裏メニューから格上げした「オムライ寿司」(1080円)は、ウナギ入りの五目ずしを薄焼き卵で包んだ、まさしくおすし屋さんのオムライス。イクラをケチャップに見立てるなど、遊び心が効いている。特製ドレッシングとわさびマヨネーズで食べるサラダ風のちらしずし「すしサラ」(1598円)は、新感覚の味わいが女性に受けている。

 人気メニューがいろいろ楽しめる欲張りなセット(1382円?)は、値段、ボリュームともに大満足の内容だ。



【電話番号】0267・22・0475
【住所】小諸市鶴巻2-2-23
【営業時間】午前11時〜午後1時半、午後5時〜8時 *どちらの時間もラストオーダー
【定休日】水曜日 *1月4日まで休業
【駐車場】8台




このエントリーの情報

食べる > 和食 YAKITORI かるねや(佐久市) 2017/11/10 12:00 am

鉄板の鶏肉料理



 11月に2周年を迎えたのを機に、グランドメニューを一新。従来は串焼きにしていた「とり皮焼き」を鉄板で焼くスタイルにした。名付けて「鉄板やきとり」。コテのような道具で、具材を鉄板に押し付けるように焼く。単に焼くだけでなく、鶏肉から出る油で揚げ、鶏肉の水分で蒸すことができ、うまみを十分に引き出せるという。数種類ある中で、店主の舟田隼人さんのおすすめは、鶏の皮とせせりの「かるねや焼き」(842円)。希少部位でフォアグラのような食感の「幻の白レバー」(367円)や、「生ソーセージ」(270円)なども人気。



 唐揚げの「かるねや揚げ」(734円)は、塩味のもも肉、タレの胸肉と二つの部位を違った味で楽しむことができる。舟田さんが「唐揚げ店をやろうと思うぐらい自信がある」という自慢の一品。ほかにも酒に合う料理がそろい、忘年会シーズンにいい。宴会は2200円から。1800円で飲み放題が付く。



【電話番号】0267・88・6720
【住所】佐久市岩村田3142-11
【営業時間】午後5時〜午前0時
【定休日】火曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 海鮮割烹 八風(佐久市) 2017/10/06 12:00 am

海鮮に、ホルモンが加わった



 水産市場直営ならではの鮮度のいい海鮮料理が楽しめる「海鮮割烹八風」が、9月からリニューアル。従来のランチ営業がなくなり、夜の営業時間を遅くまで延ばした。月〜水曜日は午前0時まで、木〜土曜日は午前1時まで営業する。それに伴って、酒のつまみやドリンクメニューを充実。さらに、朝しめたての新鮮なホルモンの供給が可能になった。「赤もん」「白もん」といった部位を使ったホルモン焼きメニューや、「もつ鍋」(2人前1600円)などで楽しめる。



 一方で水産市場の強みを生かした海鮮料理は健在。中でも、マグロには自信を持つ。マグロの刺し身はもちろん、すし、かま焼き、ユッケ、唐揚げなどさまざまな料理で楽しませてくれる。

 個室があるので、女子会、接待など幅広い利用ができる。10月末まで秋の特別宴会プランは、マツタケや小諸産キノコなどが入ったコース料理を通常4000円のところ、3500円で提供している。忘年会の早期予約割引の特典プランも設けている。



【電話番号】0267・66・0082
【住所】佐久市佐久平駅
【営業時間】午後5時〜午前1時(月〜水曜日は0時まで)
【定休日】日曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 海鮮丼専門店 かりん亭 佐久店(佐久市) 2017/09/15 12:00 am

100種類が勢揃い



 8月1日、かりん亭佐久店が海鮮丼専門店に生まれ変わって新装オープン。神奈川県・三崎漁港から届く新鮮な海の幸を味わえる海鮮丼の種類は、なんと100種類。トロ、エビ、サーモン、イクラにウニ…。目にも鮮やかな海鮮丼は「メニューの多さとネタの大きさに、多くのお客さまが驚き、楽しんでいただいています」と店長の井出正和さん。



 ミニ丼にうどんが付いて1000円以下で楽しめる気軽なランチメニューは、子ども連れにおすすめ。ネタが丼からこぼれそうなボリューム満点の「大漁超豪華海鮮丼」は、一度は挑戦してみたい人気メニューだ。

 カウンター、半個室テーブル、座敷席を備え、年中無休で休憩時間がないことも利用しやすい。ゆったりと海鮮丼を堪能あれ。



【電話番号】0267・65・9555
【住所】佐久市小田井626-1 佐久インターウェーブ内
【営業時間】午前11時〜午後10時
【定休日】無し
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 夢々(むむ)佐久店(佐久市) 2017/09/08 12:00 am

新メニューを加えリニューアルオープン



 8月上旬にリニューアルオープン。オーナーの橋脇正彦さんは、ショットバーの「バー レム」をはじめ、佐久市、小諸市、長野市にグループ店を展開している。

 リニューアルに伴い、メニューを大幅に変更。店長の川越康広さんは宮崎県出身で、その特色を生かした料理が加わった。おすすめは「宮崎地鶏の炭火焼き」(780円)。炭火で一気に焼き上げ、うまみを出す。脂がのった宮崎地鶏は、食感はやや硬めだが、その歯応えがクセになる。



 串焼きは、もも、ねぎまなど10種類以上(1本100円〜)。ほかにも「自家製さつま揚げ」(400円)や、宮崎名物「自家製飫肥(おび)のてんぷら」(400円)など、酒のつまみに合う料理がそろう。締めには宮崎県のご当地グルメ「肉巻きおにぎり」(1個280円)が人気で、辛みそ、めんたいマヨネーズなど8種類。10月からは海鮮メニューがさらに充実する予定だ。



【電話番号】0267・77・7831
【住所】佐久市猿久保740-1
【営業時間】午後5時〜11時(ラストオーダー)
【定休日】月曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 ジンギスカン 万蔵(まんぞう) とうみ店(東御市) 2017/09/01 12:00 am

工夫を重ねた秘伝のタレ



 4月にオープンした、この辺りでは珍しいジンギスカンの専門店。落ち着いた雰囲気の店内で、オーナーの細谷和香さん自慢の味が楽しめる。

 細谷さんの先輩といえるのが、母・君島憲子さん。憲子さんはジンギスカンで有名な旧 信州新町の出身。千曲市で店を開いて故郷の味を伝え、40年になる。



 和香さんは、憲子さん秘伝の肉の漬けダレに、自分なりの工夫を凝らし、オリジナルのタレを考案。いい頃合いにタレがなじんだ肉は臭みがなく、驚くほど柔らかい。ビールもご飯も進む味付けだ。

 ジンギスカンは1人前880円(肉230gに野菜付き)。しちりんに専用の鍋を載せ、炭火で焼く。焼き過ぎに気を付け、タイミング良く味わいたい。宴会はリーズナブルに2千円〜。



【電話番号】0268・71・6647
【住所】東御市田中256-5
【営業時間】午後5時〜9時ラストオーダー
【定休日】不定
【駐車場】5台




このエントリーの情報

食べる > 和食 和食処 和心(わごころ)(佐久市) 2017/08/04 12:00 am

真面目な人柄がにじむ料理



 4月にオープンした和食店。店主の守屋勝さんは松本の高校の食物科を卒業後、大阪の老舗料亭で修業。帰郷後、東信エリアの料亭やホテルなどに勤めて腕を磨いた。

 料理の道を目指したのは、両親においしいものを食べさせたい思いから。同様の温かな気持ちで、妻のさゆりさんと店を切り盛りしている。



 看板メニューのうなぎは、脂がのった鹿児島県産を使用。勝さんは、生きたまま届いたウナギをさばき、ふっくら蒸した後、炭火で丁寧に焼いている。うな重は3200円。素材の良さが分かる白焼き(3000円)もおすすめ。

 魚は全国の漁港から直接届く。刺し身やリピーターの多い豚角煮、サクッと揚がったてんぷらなど、いろいろな味が楽しめる「和心膳」(2000円)も好評。「日替わり御膳」(950円)や、料理を選べる「お好み膳」(1200円・1500円)など、ランチメニューも充実している。



【電話番号】0267・62・7556
【住所】佐久市中込2907-3
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後5時半〜9時 *どちらもラストオーダーの時間
【定休日】日曜日、第2月曜日(祝日の場合は営業)
【駐車場】15台




このエントリーの情報

食べる > 和食 八風(はっぷう)別館(佐久市) 2017/07/14 12:00 am

個室でゆったりが猜夢枸



 個室スタイルで、周りを気にせず、ゆったりと料理やお酒を楽しめるお店。2〜25人で受け付ける個室は、通常の宴会だけでなく、七五三、お宮参りをはじめとしたお祝い事や、法事、接待、女子会など幅広く利用できる。



 料理は、旬の食材を使ったコース料理がメイン。「風の舞」(3780円)、「華の舞」(5400円)の二つのコース料理は、予約なしでもOK。コースは2人から。コース以外にも御膳もの、海鮮重といった食事メニューや、旬の一品料理もある。今の季節のおすすめは、国産うなぎを使ったうな重、白焼き、天ぷら、うなぎかつなどの各種うなぎ料理。

 1080円からのランチも好評。「海鮮丼セット」(1400円)や、海鮮ちらしずし、天ぷらなどがセットになった「姫膳ランチ」(1814円)が人気だ。



【電話番号】0267・77・7782
【住所】佐久市佐久平駅北27-5
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後5時〜9時 *どちらもラストオーダーの時間
【定休日】不定
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 食材工房 光志亭(佐久市) 2017/06/09 12:00 am

佐久市望月にオープン、町の定食屋



 佐久市望月に先月オープンした、ラーメンから丼、定食ものまでそろう“町の定食屋”。店主の井出光成さんは、「信州佐久安養寺ら〜めん会」の会長を務めていることもあり、「安養寺ら〜めん」(800円)をはじめとして、肉や米、野菜など地元食材を中心に使ったメニューを心掛けている。



 安養寺みそから作ったしょうゆだれの「安養寺ら〜めん醤油味」(750円)や、米粉麺を使ったもちもち食感の「佐久しおラーメン」(800円)など、若い人から年配の人まで親しみやすい味が並ぶ。信州牛と信州豚を使ったジューシーな「煮込みハンバーグ定食」(1200円)は、女性にお薦め。

 安養寺みそにほれ込む井出さんは、ラーメンだけでなく、「煮込みハンバーグ定食」の隠し味として使ったり、「自家製餃子」(400円)のタレや「みそかつ丼」(980円)、「もつ煮」(450円)など、さまざまな料理に生かしている。



【電話番号】0267・78・5415
【住所】佐久市協和2395-1
【営業時間】午前11時〜午後2時、午後5時〜9時 *いずれもラストオーダー
【定休日】不定
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 九州鳥専科 鳥もん(佐久市) 2017/05/26 12:00 am

九州発、人気のB級グルメ初出店



 唐揚げの聖地といわれる大分県中津流のサクッとジューシーな唐揚げが味わえる店が、イオンモール2階フードコート内にオープンした。



 本場中津の唐揚げは、スパイスの効いた秘伝のタレにじっくり漬け込んだしっかりした味付けが特徴。唐揚げ5個、ご飯、みそ汁の「鳥からあげ定食」(580円)は、がっつり食べたい学生やサラリーマンに人気がある。「明太マヨ」「かぼすおろしポン酢」味も。鳥めしに白湯スープをジュワっと掛けて食べる「石焼鳥めし」(580円)は博多の味だ。

 「持ち帰って食卓に出すのが中津の文化。ぜひテイクアウトもお楽しみください」と店長の荒川健さん。九州のおいしさを、店内でも、自宅でも。



【電話番号】0267・77・7715
【住所】佐久市佐久平駅南11-10 イオンモール佐久平 2F
【営業時間】午前9時〜午後10時
【定休日】無休
【駐車場】あり




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 11 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.