佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 和食のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 和食 若鶏料理専門店 みよしや(佐久市) 2019/02/15 12:00 am

“むしり”の伝統を引き継ぐ



 佐久市臼田の“ソウルフード”ともいわれる「むしり」。「みよしや」は、昭和30年代に創業、この伝統の味を守ってきた。現在の店主は、小金沢厚子(たかこ)さん。昨年まで母が店を切り盛りしていたが、年齢や体力的なこともあり、店の継続を悩んでいた。以前は店を手伝っていた厚子さんは「みよしやの味を残さないといけない」と、店を継ぐことを決意。1月から店を引き継いだ。



メニューは「若鶏のむしり」(980円)と、中華そばの「鶏そば」(600円)のみ。1日たれに漬け込んで焼く、しょうゆ味のむしりは、昔も今も変わらぬこの店ならではの味だ。「むしり」は予約注文がおすすめ。



【電話番号】0267・82・2446
【住所】佐久市臼田105-10
【営業時間】午前10時〜午後6時半
【定休日】不定
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 肉と魚と酒 かるねや(佐久市) 2019/02/08 12:00 am

あさって佐久平に移転オープン



 あさって9日、佐久市岩村田から佐久平駅浅間口に移転オープンする。新店舗は80人までの大宴会場を備え、掘りごたつ式のテーブル席など、より多様なニーズに応えられる環境を整えた。 



 旧店舗から人気の炭火焼きは、肉類から魚介まで、幅広く楽しめる。中でも店主の舟田隼人さんのお薦めは、鶏の「白レバー」(1皿580円)。

 魚は山口県の漁師から直接仕入れるほか、全国から取り寄せ、その時に一番お薦めする魚を刺し身や炭火焼きなどで提供する。酒類販売店の「清水屋」とタッグを組み、酒も充実。季節、料理に合わせた日本酒を提供していく。



【電話番号】0267・88・6720
【住所】佐久市佐久平駅北2-7-6
【営業時間】午後5時半〜12時
【定休日】火曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 お食事処 しらかば(佐久穂町) 2019/02/01 12:00 am

地元で愛される店を目指して



 「日本一美しい白樺群生地」で知られる佐久穂町に昨年8月オープン。昼は、脂がのった「海鮮丼」(1380円)や、まぐろ丼、チキンカツなどその日のメインにサラダ、デザートなど5品が付くお得な「日替わり定食」(850円)、「天麩羅ざる蕎麦」(1380円)などが人気。バラエティー豊かな豪華7品が並ぶ「しらかば御前」や「寿司らんち」「国産ヒレカツ定食」もおすすめ。



 夜は「信州サーモンクリームコロッケ」や「ジャンボ焼き鳥」など地元の食材にこだわった創作料理を、佐久穂の銘酒と共に味わいたい。



【電話番号】0267・77・7890
【住所】佐久穂町畑3578-9
【営業時間】午前11時半〜午後2時、午後5時〜9時
【定休日】無し
【駐車場】あり
*カウンター、テーブル、小上がりなど全50席




このエントリーの情報

食べる > 和食 季節料理 升(しょう)(佐久市) 2019/01/25 12:00 am

馬肉メニューでおもてなし



 13年間、旬の魚料理や季節の創作料理を提供。店名には「(お客さんが)たくさん飲んで食べて、升々(ますます)繁盛するように」と願いを込めた。



 店主の都倉則正さんのお薦めは、昨年からメニューに加えた馬肉料理。赤身、タン、ハツ、レバーの各種炙(あぶ)り、タテガミなど、珍しい馬肉の刺身が味わえるほか、馬肉のメンチカツや馬すじ煮込みも人気で、これを目当てに来るお客さんもいる。

 冬は魚もおいしい季節。「魚の煮付けや熱々の鍋料理で冷えた体を温めて」と都倉さん。フグやアンコウの鍋料理、ブリの刺身も今が旬。



【電話番号】0267・63・5526
【住所】佐久市中込2-28-2
【営業時間】午後5時半〜午前0時半(ラストオーダー)
【定休日】日曜日
【駐車場】あり






※記事中のデータは週刊さくだいら掲載日時点のものです。

このエントリーの情報

食べる > 和食 御厨(みくりや)MIKURIYA(軽井沢町) 2018/11/30 12:00 am

かまどで炊いたつやつや新米



 里山の風景になじむたたずまい。土間やいろり、座敷、縁側のある店内は、くつろげる雰囲気だ。「ところどころ古材を使いながら、昔の農家をイメージして建てました。懐かしさと温かさを感じていただければ」と店長の朝倉謙太郎さん。敷地内には自家農園や田んぼ、池があり、小川が流れている。



 店の自慢はかまど炊きご飯。旧浅科村(現佐久市)の田んぼで、農薬や除草剤を使わずに、アイガモを放して栽培した「合鴨(あいがも)米」を、かまどにまきをくべて炊いている。

 ご飯を主役にした和食のセットは朝が1200円〜、昼が1400円〜。そば(830円〜)、甘味などもある。



【電話番号】0267・41・6741
【住所】軽井沢町発地2127
【営業時間】午前7時15分〜午後3時(ラストオーダー)*朝食は午前10時半まで(同)、昼は11時から
【定休日】水曜日 *5〜10月は無し
【駐車場】24台




このエントリーの情報

食べる > 和食 暖家 望月店(佐久市) 2018/11/23 12:00 am

バラエティー豊かな和食を



 海鮮ものやそば、甘味まで豊富なメニューがそろう和食の店。いろいろなものをちょっとずつ食べられるセットメニューが充実している。

 中でも目を引くのが「モリ盛りジャンボソースカツ丼」(1166円)。ロースカツ1枚、ヒレカツ2枚に、ご飯は500gと、文字通りボリュームがたっぷり。「自分がたくさん食べたい方なので、お客様にはおなかいっぱい食べていただきたいです」とオーナーの中東康博さん。



 お薦めの新メニューは「A5ランク信州プレミアム牛 牛ひつまぶし」(1706円)。うなぎではなく牛肉を使うのが新鮮だ。薬味やだし汁で茶漬け風にするなど、一つのメニューを複数の食べ方で楽しめるのが魅力。



【電話番号】0267・88・6515
【住所】佐久市協和126-6
【営業時間】午前11時〜午後10時
【定休日】無し
【駐車場】40台




このエントリーの情報

食べる > 和食 御料理処 かつ栄(佐久市) 2018/09/28 12:00 am

佐久のとんかつ文化を引っ張る



 創業53年目を迎える割烹(かっぽう)。「季節感を大切に、おいしいものを食べていただくように心掛けています」と店主の清野正己さん。



 割烹とはいえ創業時は町のとんかつ店だったことから、今でも看板メニューはとんかつ。先代からの味を引き継ぐソースは、県産の豚肉との相性がいい。「上ロースカツ」は1600円。リーズナブルなランチは、「ロースカツ定食」「ヒレカツ定食」ともに1150円。今の時季はマツタケづくしの「松茸会席」(8640円)がお薦め。

 座敷を備え、法事や祝い事などの利用も多い。足の悪い年配者にも利用しやすいように、座敷にもイス席を設けている。



【電話番号】0267・67・3858
【住所】佐久市岩村田稲荷町3255
【営業時間】午前11時〜午後1時半、午後5時〜9時
【定休日】不定
【駐車場】あり





このエントリーの情報

食べる > 和食 道の駅 女神の里たてしな のんき亭(立科町) 2018/09/21 12:00 am

蓼科牛を味わえる新メニュー登場



 立科町の「道の駅 女神の里たてしな」にある蓼科農ん喜村の食事処。9月15日から新メニューが登場した。地元産の蓼科牛を使った「蓼科牛すき焼き御膳」(1350円)と、みそ味がやさしい「立科の母味 すいとん定食」(いなり寿司2個付き950円)。「蓼科牛は伊勢神宮に奉納された三銘柄牛の一つで、すきやき肉は柔らかく味が濃いので一番のおすすめです」と駅長の竹花信明さん。



 さわやかな酸味が女性に大好評の「りんごソフトクリーム」(400円)は「シナノスイート」「シナノゴールド」に「秋映」が新たに加わって、「りんご3兄弟」の食べ比べが楽しめる。



【電話番号】0267・51・4100
【住所】立科町大字茂田井2480
【営業時間】午前11時〜午後3時 *ソフトクリームは午後7時まで
【定休日】無し
【駐車場】68台




このエントリーの情報

食べる > 和食 清水屋 丼丸 佐久中央店(佐久市) 2018/09/14 12:00 am

海の幸の丼専門店

 8月下旬、佐久市役所近くにオープンした海鮮の丼専門店。東京の老舗すし店「ササフネ」が展開するFC店で、東信ではここが初。質の良いネタぞろいのメニューを、540円均一(大盛り、トッピングは除く)で提供している。リーズナブルさが好評だ。



 種類も豊富で、複数のネタが載ったものから一つのネタにしぼったものまで、グランドメニューは70種類を超える。迷ってしまいそうだが、そんな時、店長の清水一民さんがお薦めするのが、8種のネタの「うみ丸丼」と、ごはんが400gでネタも8種「満腹丼」だ。テークアウトが基本だが、イートインスペースもある。電話予約しておけば持ち帰りもスムーズ。



【電話番号】0267・77・7741
【住所】佐久市中込3538-2 キリュウビル1F
【営業時間】午前11時〜午後8時
【定休日】火曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 和食 八風別館(佐久市) 2018/07/27 12:00 am

個室でいただく旬の和食



 プライベート空間を重視した個室スタイルで、ゆったりと料理やお酒を楽しめる。個室は、通常の宴会だけでなく、お宮参り、七五三をはじめとしたお祝い事や、法事、接待、女子会など幅広く利用できる。



 料理は、旬の食材を使ったコース料理がメイン。「風の舞」(3780円)、「華の舞」(5400円)の二つのコース料理は、予約なしでもOK。コース以外にも御膳もの、丼などの食事メニューや、旬の一品料理もある。1080円からのランチも好評で、海鮮ちらしずし、天ぷらなどがセットになった「姫膳ランチ」(1814円)が人気だ。



【電話番号】0267・77・7782
【住所】佐久市佐久平駅北27-5
【営業時間】午前11時半〜午後2時半、午後5時〜10時
【定休日】水曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 13 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.