佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 喫茶・カフェのエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 喫茶・カフェ 古本カフェ のらっぽ  (東御市) 2019/09/05 12:00 am

宿場でのんびり営業



 海野宿の古い街並みに溶け込む、古本販売と喫茶の店。築160年の建物を改装し、3年前から営業している。穏やかな響きの店名「のらっぽ」は「怠け者」の意味。のんびり営業していることから、店主の奥村誠一さんが付けた。



 ずらっと並ぶ古本は約2500冊。「ジャンルは文芸や映画、美術工芸、絵本、山、自然など。広い意味でのアートです。店を開くことで、さまざまな出会いに恵まれました」と奥村さん。
 メニューは飲み物が中心でコーヒー、国産の紅茶など(各400円)。コーヒーはひきたての豆で一杯ずつハンドドリップしている。本の購入額に応じて飲み物の割り引きも。
 “こもる”のにぴったりの落ち着いた空間で、本の世界に浸ってみては。



【電話番号】090・4161・3200
【住所】東御市本海野1030 丸屋方
【営業時間】午前10時半〜午後4時半
【定休日】火曜・水曜日。12月〜2月下旬は冬季休業
【駐車場】無料の市営駐車場を利用




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ Café Lumi-des(カフェ ルミデス)  立科町 女神湖ゴーカート敷地内 2019/08/29 12:00 am

高原で手作りスイーツ



 昨年4月にオープン。店名はフランス語で「女神の光」を意味する「ルミエール ドゥ ラ デエス」に由来。女神湖の近くにある立地にちなみ、店主の浜野みゆきさんが付けた。



 メニューは自家製スイーツと飲み物が中心。スイーツは濃厚な味わいの「ショコラ・テリーヌ」(500円)や「ベイクドチーズケーキ」(同)をはじめ5〜7種類を提供している。飲み物は、原産国と公正な価格で取引する「フェアトレード」のオーガニック豆で入れるコーヒー(500円)や、カフェインレスコーヒーのカフェオレ(550円)、自家製ジンジャーエール(500円)など。
 店内では町内の女性たち手作りの雑貨も販売。浜野さんはボールペン画のワークショップも開いている(要予約)。




【電話番号】0267・55・6603
【住所】立科町女神湖通り1016-1 女神湖ゴーカート内
【営業時間】午前9時〜午後5時ラストオーダー
【定休日】木曜日 *冬季休業あり
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 喫茶 KOKO’s ふぁくとりー  佐久市 2019/07/18 12:00 am

紅茶とケーキで和みの時間



 岩村田商店街にある「つどいの館 こてさんね」内に、2月にオープンした紅茶とケーキの店。世界三大紅茶といわれるインドの「ダージリン」、スリランカの「ウバ」、中国の「キーマン」をはじめ、紅茶コーディネーターの資格を持つオーナー・有賀喜美江さんが薦める6〜10種類をポットで提供している(400円〜)。「紅茶に親しむきっかけにしてください」と有賀さん。



 紅茶に合う自家製ケーキは4〜6種類。地元産の旬の果物や野菜を使ったケーキが登場する。「人参とオレンジのケーキ」(300円)は、ニンジンが苦手な子どもにも食べてもらえるよう工夫した自信作。ランチタイム(午前11時〜午後3時)は、10食限定でキーマカレー(600円)を用意している。
 店内の一角では、かわいらしいハンドメードの猫雑貨も販売している。




【電話番号】080・6936・6212
【住所】 佐久市岩村田741 つどいの館 こてさんね内
【営業時間】午前10時〜午後5時半ラストオーダー
【定休日】 水・木曜日
【駐車場】 共有であり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ CAFE B KARUIZAWA 軽井沢町 2019/06/27 12:00 am

隠れ家カフェのひととき



 この春、「ホテル ベルリネッタ軽井沢」の向かいにオープンしたばかりのカフェレストラン。ミントブルーの外観はヨーロッパ風のたたずまい。別荘のような一軒家のドアを開けると、小さなお城に訪れたような感覚に。店内は吹き抜けで開放的、ペットOKのテラス席もうれしい。



 メニューは、欧風テイストのモーニング(朝7時〜)とランチ。豊富な種類の料理を味わえるランチやカフェB特製スープが人気。デザートのロールケーキ(スモーククリームチーズとナッツ仕立て/季節ごと)もおすすめ。




【電話番号】0267・48・6408
【住所】軽井沢町長倉737-2
【営業時間】午前7時〜午後2時(時期により変動有)
【定休日】水曜日
【駐車場】あり
【FB】https://www.facebook.com/CAFE-B-362973167884075




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ カフェ&インテリア L(エル)  御代田町 2019/06/06 12:00 am

ロケーションと空間も魅力



 住宅や店舗のインテリアデザイン、オーダー家具・キッチンなどを手掛ける「スタジオM」が、1月にオープンしたカフェ。隣に工房があり、カフェはショールームも兼ねている。
 開け放った大きな窓の向こうには、広葉樹の美しい緑。気持ちのいい風が吹く日は、デッキが特等席だ。



 店名のLが表すのは、店の魅力である「ロケーション」と「ローカル」。カフェお薦めの近隣店舗のコーヒー豆やルイボスティー、パンなどを使ったメニューを提供。メニューブックで各店を紹介し、地域の魅力を発信している。
 フードメニューはサンドイッチ(600円)、ミートソーススパゲティ(サラダ付きで1000円)、スイーツなど。火曜日と金曜日は前日までの予約制で、お弁当スタイルのランチ(1200円)を提供している。




【電話番号】0267・46・8889
【住所】御代田町御代田3581-1
【営業時間】午前11時〜午後4時半ラストオーダー
【定休日】水曜・土曜日
【駐車場】5台
【インスタグラム】https://www.instagram.com/cafe_and_interior_l




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 八重原おやき  東御市・芸術むら公園内 2019/05/30 12:00 am

地元・八重原の恵みを丸いおやきに



 今年4月にオープンしたおやきカフェ。土・日曜営業のカフェ&パン店「まる屋」の店舗で、火曜と木曜日の週2日営業している。
 おやき(150円)は、定番に季節の商品を加え、7、8種類を販売。ふっくら蒸した、もっちりタイプだ。地元・八重原産の地粉や野菜など、土地のものをふんだんに使い手作りしている。お薦めは特産のジャガイモのマッシュとバター、コーンを具にした「じゃがバタ」。好きなおやき1個とコーヒーのセットは400円、おやき2個に具だくさん汁のセットは550円。



 おやきはおにぎり感覚で手軽に食べられるので、テークアウトして公園で食べるのもいい。冷凍でも販売しており、まとめ買いしていく人も多い。




【電話番号】090・8813・6544(依田さん)
【住所】東御市八重原 芸術むら公園内 まる屋店舗
【営業時間】火曜日と木曜日の午前10時〜午後4時
*祝日がある週は変動あり。おやきの予約販売は、時間外でも対応可
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ Organic Cafe DITO(オーガニック カフェ ディト)  東御市 2019/05/02 12:00 am

旅気分で出掛けるカフェ



 標高1128叩∋間がゆっくりと流れる静かな場所にある。珪藻土(けいそうど)や無垢(むく)の木など、自然素材で仕上げた店内は、ゆったりとした空間。窓が切り取る美しい自然は、日ごとに表情を変える。



 店を営むのは川崎市から移住した指方哲也さんと祐子さん夫妻。地元産の無農薬野菜や平飼いのニワトリの卵、きちんと作られた調味料など、食材を吟味し、手間を惜しまず全て手作りしている。
 ランチタイムのお薦めは「キッシュプレート」。キッシュはホール型なので、生地のサクサク感をより楽しめる。目にもおいしいデザートもそろっている。




【電話番号】0268・80・9065
【住所】東御市新張2032
【営業時間】午前9時〜午後3時半ラストオーダー。ランチタイムは午前11時〜午後2時
【定休日】月曜〜木曜日
【駐車場】6台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ おはぎcafe 福まる  小諸市 2019/03/21 12:00 am

愛情おはぎで、ほっこり幸せ





 先月14日にオープン。笑顔がすてきな店主の福田愛子さんが、愛情込めて作る大きなおはぎは、「あんこ」と「きな粉」の2種類(各150円)。きな粉おはぎの真ん中には、絶妙な塩気の自家製くるみあんが入っている。毎日3時間かけてコトコト煮るあんこは、甘さ控えめでほっと心が和むおいしさだ。




 自家製トマトソースで作るピザトースト(300円。飲み物付きは550円)もお薦め。
 福田さんの自宅を改装した店内は、アットホームなサロンのような雰囲気。子どもと一緒にくつろげるキッズルームもあり、「お子様セット」(250円。おはぎ1個にジュースとゼリー付き)も用意している。




【電話番号】0267・22・1153
【住所】小諸市与良町3-10-7
【営業時間】午前10時〜午後5時
【定休日】水曜・木曜日
【駐車場】8台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 坐忘(ざぼう)カフェ(佐久市) 2019/02/22 12:00 am

たっぷりの野菜をカフェで気軽に



 昨年12月にオープンしたセルフサービス方式のカフェ。食事はオーナーシェフの黒岩かおりさんの兄・藤田賢太さんが香港で経営する店「Camper’s(キャンパーズ)坐忘」の人気メニューである野菜たっぷりのご飯類やカレーが中心。野菜料理は手間がかかるが、すべて店で仕込み、ソースやドレッシングも手作りしている。一皿一皿に「お客様にたっぷり野菜を食べて健康になってもらいたい」との二人の願いが込められている。



 フレンチトーストやパンケーキなどのカフェメニューも充実。アンティーク・テイストの店内は居心地がよく、ランチやコーヒーを楽しむリピーターが増えている。



【電話番号】0267・88・6119
【住所】佐久市小田井613-1 佐久インターウェーブ内
【営業時間】午前11時〜午後9時※平日午後3時〜5時半はカフェメニューのみ提供
【定休日】無し
【駐車場】共同




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 冬のRK GARDEN(軽井沢町) 2019/02/22 12:00 am

心ほっこりな冬カフェ



 春から晩秋まで軽井沢町追分で営業している「RK GARDEN」が、4月上旬までの冬の間は場所を移して営業している。白を基調にしたナチュラルな店内には、大きなテーブルが一つ。まきストーブの柔らかな暖かさに包まれ、穏やかな時間が流れる。リラックスした雰囲気も、この店のごちそうだ。週末のお楽しみは、デッキでのたき火。



 料理は食材にこだわった見た目も美しい温かなメニュー(メインにおかず2種、スープ、飲み物、デザートが付き各1500円)がそろい、動物性食材を使わないヴィーガンメニューも評判だ。

 人気の自家製ドーナツ(100円〜)は素朴な味わいで、ついもう一つと手が伸びる。3月7日(木)まで、2個以上購入すると1個おまけのサービスを実施中。



【電話番号】0267・46・8335
【住所】軽井沢町長倉2681-1
【営業時間】午前10時〜午後4時ラストオーダー
【定休日】火曜日
【駐車場】5台
*4月上旬まで。下旬以降は追分で営業予定




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 14 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.