佐久平の総合情報サイト。佐久、軽井沢、小諸のグルメ・美容、習い事などの情報を紹介します。

 
さくだいらどっとこむ
 
   
 

あの店この店 - 喫茶・カフェのエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

食べる > 喫茶・カフェ ドーナツカフェ mikko(ミッコ)(佐久穂町) 2018/06/29 12:00 am

素朴なフィンランドドーナツ



 ドーナツをメインとしたカフェが5月にオープン。店主の塚原諒さんと田中奈緒さんが、通りに新しい風を吹き込んだ。店名の「ミッコ」は、フィンランドでポピュラーな男性の名前という。



 オススメはカルダモン(スパイス)を生地に練り込んだフィンランドの定番ドーナツ「カルダモン」(240円)。県外出身の2人が、佐久穂の豊かな自然や教育が充実した土地柄に、北欧との共通点を感じたことが、販売のきっかけの一つになった。原料の町内産小麦粉の風味を生かすため、甘さは控えめ。もう一つ、と手が伸びる素朴な味わいだ。

 塚原さんは町内で小学校の開校を目指している「イエナプランスクール設立準備財団」の事務局の仕事もしていることから、店を地域の人と移住してくる人との交流の場にしたいとも考えている。



【電話番号】080・5048・8892
【住所】佐久穂町海瀬57-1
【営業時間】午前9時半〜午後5時 *ドーナツが売り切れ次第閉店
【定休日】月・火曜日
【駐車場】近くの町営駐車場を利用




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ Coffee House Shaker(コーヒーハウス シェーカー)(軽井沢町) 2018/06/22 12:00 am

森の静かなコーヒー屋さん



 森の中にたたずむ白壁の一軒家カフェ。オーナーの黒澤一進さんが丁寧に淹(い)れるコーヒー「シェーカーオリジナルブレンド」が評判だ。

 看板メニューは昨年から登場した「シェーカーバーガー」。チーズ、アボカドサルサなど7種のバーガーすべてに、軽井沢の人気パン屋「haluta」の特注バンズを使用し、ジューシーな肉と地元野菜をたっぷりサンドした大人気商品で、ドリンクとセットで1400円から。ホットサンド、スイーツ、軽井沢トーストもある。



 軽井沢の美しい自然にゆったりと包まれ、子連れやペット連れの客にも愛されている。



【電話番号】0267・45・8573
【住所】軽井沢町長倉3460-16
【営業時間】午前10時?午後6時
【定休日】水曜(火曜不定休、8月は無休)
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 古民家ギャラリーカフェ 麦(東御市) 2018/06/01 12:00 am

自慢のガーデンも見ごろ



 オーナーの橋本恵己(えみ)さんが、築約250年の旧母屋を活用し、旧北国街道海野宿に昨年8月にオープン。看板やタイル張りのカウンターなどカジュアルな要素が程よくミックスされ、魅力的な店舗に生まれ変わった。



 手作りの「フローズンフルーツバー」は、地元の旬の果物を使ったものを中心に8〜12種類(各350円)。見た目も楽しい。甘味料は使わずに素材の甘みを生かしている。注文を受けてから作る季節の生ジュース「グリーンスムージー」(小松菜、豆乳、バナナ、ハチミツ入り。400円)など、ヘルシーな自家製ドリンクもおすすめ。

 店内では橋本さんの木彫をはじめとした作品や、手作り仲間の作品を展示販売。橋本さんが愛情込めて世話しているガーデンも見学でき、今はバラが見ごろを迎えている。



【電話番号】090・3440・5690
【住所】東御市本海野1006
【営業時間】午前10時〜午後4時
【定休日】火・水曜日・第4日曜日 *第4日曜日は、夏季は営業することも。12月〜2月は休業
【駐車場】4台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 軽井沢 VERANDA(ベランダ)(軽井沢町) 2018/05/18 12:00 am

暮らすように過ごすカフェ



 季節の花やヨーロッパのビンテージ品を飾った店内は、別荘のリビングのようにリラックスできる雰囲気。「軽井沢らしい時間、暮らしを楽しむカフェ」をコンセプトに、昨年12月オープンした。週に1度、シンガーの立原綾乃さんの音楽会が無料で開かれるほか、随時ギャラリーの展示やワークショップなどもあり、さまざまな交流が生まれる文化的サロンの魅力も備えている。



 店内から見えるキッチンでは、スタッフが一品一品手間を掛けて丁寧に調理。添加物を使わずに、素材の味わいを引き出している。本場イタリア仕込みの焼きたてのラザニアをはじめ、食材のおいしさが溶け込んだ温かなスープ、注文が入ってから作り始めるワッフル、濃厚な味わいのガトーショコラなど、自慢のメニューがそろう。



【電話番号】0267・41・1201
【住所】軽井沢町軽井沢601-1 チャーチストリート軽井沢1階
【営業時間】ブレックファスト:午前8時〜午前10時半、ランチ:午前10時半〜午後3時、カフェ:午後3時〜4時半(飲み物は5時)*すべてラストオーダーの時間
【定休日】無し
【駐車場】チャーチストリート専用駐車場を利用(3時間無料チケットあり)




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 南米カフェ ¿Casa Libre?(カサリブレ)(佐久市) 2018/05/11 12:00 am

週末夜の営業をスタート



 岩村田本町商店街にある南米カフェ。テキーラやモヒートを使ったカクテルなどのアルコールメニューを充実させ、木〜土曜日の夜に営業を始めた。

 ランチで好評のハンバーガー類やエンパナーダのほか、レッドビーンズと牛ひき肉を使ったチリコンカンにタコス、野菜、ワカモレディップがのった「ナチョス」(750円)、鶏肉をジャガイモで包んで揚げたブラジルのコロッケ「コシーニャ」(520円)、カリっとした食感が楽しいキャッサバのフライ(500円)などお酒に合う南米料理をラインナップ。



 店に流れる音楽もラテンアメリカの雰囲気を盛り上げる。料理に腕を振るうのはパラグアイ出身の代表・アラウ・ジャーディアさん。「ダイニングバーとして女性や夫婦、カップルに気軽に利用してほしい」と話している。



【電話番号】0267・85・2884
【住所】佐久市岩村田760-2
【営業時間】火・水・日曜日:午前10時〜午後6時、木〜土曜日:午前10時〜午後4時、午後6時〜12時
【定休日】月曜日
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 白ほたるキッチン(軽井沢町) 2018/04/27 12:00 am

豆腐屋発の健康メニュー



 自家栽培の大豆と天然水、天然にがりで、心を込めて作る豆腐が評判の「白ほたる豆腐店」(軽井沢町)の2号店。自慢の豆腐を使った健康的なメニューを提供している。



 人気を集めているのが、県内産の季節の果物と寄せ豆腐で作るノンシュガーのヘルシードリンク「飲むお豆腐プレミアム」(580円)。漢方薬にも使われ、体を温めるとされる果物「羅漢果(らかんか)」で甘みを付けている。豆腐そのものの濃厚な喉越しが楽しめ、後味はさっぱり。

 この春の新商品が2種類の「Vegan(ビーガン)ランチBOX」(各980円)。「バーガーBOX」は、自家製がんもどき、野菜、おからサラダをサンドしたバーガーと豆腐サラダのセット。自家栽培小麦と豆乳を使うパンをはじめソース、ドレッシングなど、全て手作りのこだわりメニュー。「おにぎりBOX」は酵素玄米のおにぎりに「がんもどきの生姜(しょうが)てりたれ」と豆腐サラダが付いている。



【電話番号】0267・41・6539
【住所】軽井沢町発地2564-1 軽井沢発地市庭内
【営業時間】午前9時〜午後5時(夏季は延長あり)
【定休日】無し(冬季は水曜日)
【駐車場】あり




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ コワーキング&カフェバー hammock(ハンモック)(東御市) 2018/04/20 12:00 am

人をつなぐ古民家カフェ



 「つなぐ。かふぇ」をコンセプトに、築130年余りの古民家をリノベーションして、昨年3月にオープン。連続する瓦屋根と格子が美しい海野宿の町並みに、新しい風を吹き込んでいる。

 入ってすぐがカフェバー、奥がコワーキングスペース。空間を利用してさまざまなイベントも企画しており、フロアマネジャーの奥田有哉さんは「人と人がつながる場にしたい」と話す。



 ランチは週替わりのメニュー(900円)を用意。取材時のランチ「hammockカレー」は、カレー粉とスパイスで手作りしたチキンカレー。あめ色になるまで炒めたタマネギと、野菜のペーストが味に深みを出している。具だくさんのスープとカラフルなサラダが付く。

 御代田町の「サンガコーヒー」の豆を使ったコーヒー(420円)や、フレンチトースト(650円)も好評だ。



【電話番号】0268・71・6117
【住所】東御市本海野1052
【営業時間】午前10時〜午後5時 *夜は予約制
【定休日】不定 *9月以降は火曜日
【駐車場】周辺の市営駐車場(無料)を利用




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ さっちゃんのおみせやさん&喫茶店(佐久市) 2018/03/16 12:00 am

手作り雑貨も充実のカフェ



 昨年11月にオープン。メニューには飲み物をはじめ、パスタやピザ、ピラフ、スイーツなどがずらっと並ぶ。オーナーのもてき はるつさんが丁寧に入れるブレンドコーヒー(400円)は、以前ここで営業していた喫茶店「ぽけっと」のマスター直伝だ。



 人気のナポリタン(800円)は、モチモチの麺とトマトソースが好相性。「生地だけ食べてもおいしい」と、もてきさんが話す「天然酵母生地ピザ」(1000円〜)もオススメ。果物がごろっと入っている「希少糖ジャム」を使ったパフェや、ホットケーキなどのスイーツも好評だ。

 店内の一角では、県内外の作家約20人のアクセサリーや雑貨、バッグ、帽子などを販売。価格も手ごろで、選ぶのが楽しい充実ぶり。2階にはキッズルーム付きの座敷(予約優先、2時間制)もあり、ママたちに喜ばれている。



【電話番号】090・6700・0608
【住所】佐久市中込1-18-10 ショップエイト ガル1階
【営業時間】午前10時〜午後6時
【定休日】日曜日
【駐車場】2台




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ たかちゃん・ふぁーむ Shop&Cafe(小海町) 2018/03/09 12:00 am

地元の素材で美味スイーツ



 フルーツやミルクのジャム、岩魚(イワナ)や信州サーモンのおしゃれな瓶詰めなど、多彩な加工品を手掛ける「たかちゃん・ふぁーむ」が昨年秋、新たに展開させたスイーツショップ。八ヶ岳山麓産の濃厚なジャージー牛乳や特産の花豆、旬の果物など、地域の食材を使うことをモットーにしている同社ならではのスイーツを販売している。



 看板商品は、地元産の大粒の花豆をぜいたくに使った「花豆モンブラン」(519円)と小布施栗を使った「モンブラン」(540円)。ジャージー牛乳をたっぷり使った「おりじなるプリン」(411円)は、パッケージにジャージを着た牛のシールを貼るあたり、なかなかシャレが効いている。イチゴを使った華やかなスイーツもお薦めだ。

 カフェではケーキが食べられるほか、予約制でランチやパーティー料理も提供している。



【電話番号】0267・78・3708
【住所】小海町豊里3040-1
【営業時間】ショップ:午前9時〜午後6時(木曜日は11時オープン)、カフェ:午前11時〜4時半ラストオーダー
【定休日】水曜日
【駐車場】3カ所で計10台(店舗前は2台)




このエントリーの情報

食べる > 喫茶・カフェ 風見猫の館 カフェ ガーディアン(小諸市) 2018/03/02 12:00 am

癒やし系の隠れ家カフェ



 カラマツの木々に囲まれた静かな場所に、一昨年11月にオープンしたカフェ。とんがり屋根の上には、風見鶏ならぬ猊見猫瓩風に吹かれて、軽快に回っている。ジャズが流れる店内は、木をふんだんに使ったゆったりとした造り。まきストーブの炎と暖かさに、心も体も癒やされる。オーナーの瀧澤淳子さんは「地域の方が集まれる場として、ゆっくり過ごしてしてもらえればうれしいです」と笑顔で話す。



 食事は、モチモチの生麺を使ったパスタや、リゾット、カレーなどを用意。営業時間中オーダーOKのランチセット(1日10食限定)は、食事メニューにスープかサラダ、ヨーグルト、飲み物が付くお得なメニュー。自家製のヨーグルトは、生クリームのように滑らかでコクがある。トッピングのジャムも手作りしている。

 自家製ケーキもお薦め。フォンダンショコラは、中からクリーム状のチョコレートが溶け出す温かいスイーツ。冷たいバニラアイスクリームと一緒にどうぞ。



【電話番号】0267・31・0358
【住所】小諸市御影新田1949-2
【営業時間】午前10時半〜午後5時 *金曜日は9時まで
【定休日】月曜・火曜日 *祝日の場合は営業
【駐車場】10台




このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 12 »

 
ウィークリー情報マーケット あの店この店 おすすめのお店 習い事 週刊さくだいら広告募集 広告掲載について 会社概要 個人情報の取り扱いについて お問い合わせ
株式会社アイク Copyright (C) 2009 All Right Reserved.